使いやすくなぜ出来ない。

ネットショップの類は、

新しくなると使い難くなるのはなぜだろう。

セキュリティー向上と言う理由もあるのだが、

使いやすくしましたと言いながら、

いちいち番号入力が必要だったり、

検索機能が多様化と言いながら、

検索する内容をいちいち入力しなければならない面倒なものになり、

しかも時間が掛かるのに、

便利になったと思う者などいるのだろうか。

機能を増やすと言いながら、

不要な機能だけが増え、

便利な機能が削られて、

高機能で有るが為に、

沢山の設定が必要で、

沢山設定するから情報の範囲が狭められて、

一度に見られる情報量が減り、

なんども同じ様な手順を繰り返さなければ、

必要に情報が探せない。

面倒くさい事をしてくれるものだ。

しかも、以前のサイトで登録していた情報を勝手に消していたりする。

脳みそ大丈夫か。

先日、またまたまたまた、酔っ払いになった。

しかし、案外記憶は残っている。

たぶん一週間以上飲まないでいたからなのではと思う。

間をあまり開けずに飲むと、

少量の酒でも記憶を失いやすい傾向にあるような気がする。

先日ある番組で、

脳の研究者が少量のアルコールはドーパミンを出させて、

記憶力を良くすると言っていた。

ただし、その前にアルコールは脳を萎縮させるとも言っている。

結論としては少量のアルコールはプラスに作用するかもしれないらしい。

私の様に酔っ払うほどのアルコールは、

たぶん脳みそを減らしているのだろうから、

脳科学的にはやめた方がよさそうだ。

長年大量に酒を飲み続けた人の脳は萎縮して、スカスカになっているらしい。

何億ものお金の動きを知らなかったと言う、

あの政治家達も長年接待で酒を飲み続けて、

頭の中がすかすかだったりしないだろうか、

少し心配だ。

そして、検察の捜査で起訴されなかったから問題ないとの発言は、

悪事を働いてもばれなければ問題ないと言っているようなもの。

とても立法の権力者の言葉とは思えない酷いものだろう。

政治資金云々を抜きにしても、こんな考えの持ち主は、

国会議員の資質がないのだから、

何とか辞めさせられないものだろうかと思う。

「起訴されなかったって事は、悪い事して無いってことだよ」

B級映画で弱い者いじめする悪党のボスの台詞みたいだ。

最近の思い付き。

本とネット、どちらも信用できないならば、

沢山の人の批判にさらされているネットの方が信用できるのではないだろうか。

新聞の情報やテレビの情報は、

ネットの書き込みよりマシかもしれないけれど、

沢山の人が見て、修正の書き込みもされるサイトの情報であれば、

情報の種類によっては信頼性が高いかもしれない。

元横綱の暴行事件の示談金の金額。新聞情報より一日早くネットで知った。

相変わらず、血液サラサラ・マイナスイオンを言い続けるテレビ番組。

ネットでは嘘やもっと大げさな表現もされるけれど、批判も直ぐになされる。

限られた人が編集している書物の辞書と、

大勢の人が編集に関われるネットの辞書。

はたして信頼性はどちらが高いのだろうか。

たまに、トイレの落書き程度と言われるネットの書き込みよりも

酷い内容の書物があるのも事実だ。

ネットの書き込みであれば、たいてい反論も書き込まれるが、

書物では著者とせいぜい編集者の意見だけで書かれていて、

とても偏ったものになっていることがあるように思う。


一年前。

二月に入り、寒さが一段と厳しくなったように感じる。

週間天気予報によると、今週末まで寒い日が続き、

来週には、少し暖かくなるみたいだ。

ブログを始めて一年以上になるが、

一年前はどんな事を書いていたのかと、過去の記事を見てみたが、

二月の初旬前後は、数週間何も記事を書いていなかった。

二月の最初の記事は19日のもので、

「文書で稼げるようになる」という本について愚痴っていた。

二月中は、4件しか記事をアップしていないが、

翌3月からは、ほぼ毎日記事をアップしている。

その3月の3日の記事に、

「小沢さんは失脚するかもしれない」と書いている。

そして小沢氏は、

去年5月に、衆院選を前に民主党代表を辞任している。

一年近くたった今も同様な状況にいる。

今度はどうなるだろう。

やはり5月頃が山場だろうか。

参院選は、去年の衆院選より一月早い7月末頃になりそうだが。

政治家が自らを正すように、法改正をしないのだから、

現行法を、責任を取らない責任者であるはずの政治家本人にも

責任を取らせるように、司法が法解釈する事は出来ないのだろうか。

そうでないと、また秘書だけの責任で終わってしまう。

大事なのは、目的ではなく手段。

どんなに良い目的を示していても、手段が間違っていれば、

目的に近づく事にならないかもしれない。

例えば平和の為の戦争。

けれど、目的が間違っていても、手段が正しければ、

正しい目標に近づくはずだ。

例えば戦争に負けない為に平和を維持。

勿論目的も手段も正しい方が良い。

国民の幸せという正しい目標を掲げていても、

その手段を間違えた政治家は国民を苦しめるだろう。

国民の幸せの為に権力をつかもうとして、

権力をつかむ為に金権政治に走り、

企業などから政治資金を集める為に、

権力を使ったり権力が有るふりをして、

騙したり脅したりして国民を苦しめた政治家は、

決して国民の為になどなりはしないと思う。

目的の為の正しい手段を考え出せない政治家に、

国民を幸せに導く手立てが考えられるはずが無い。

たぶんそんな政治家は、

自分の勝手な理想を押し付けるだけだろうと思う。

民主主義だと言いながら、独裁者になるような政治家だろう。

元秘書逮捕

小沢氏は今のタイミングで元秘書の国会議員を逮捕したのは、

おかしいと文句を言っていたが、

国会会期中に逮捕する場合は議院の許諾が必要で、

「各議院の議員の逮捕につきその院の許諾を求めるには、内閣は、

所轄裁判所又は裁判官が令状を発する前に内閣へ提出した要求書の受理後速かに、

その要求書の写を添えて、これを求めなければならない」

と国会法に定められているから、

鳩山首相が積極的に逮捕を支持しなければ逮捕できない事になる。

また、「議員が、会期前に逮捕された議員の釈放の要求を発議するには、

議員二十人以上の連名で、その理由を附した要求書をその院の議長に提出しなければならない」

とされているから、民主党が逮捕を不当として釈放を求めるつもりなら出来ることになるが、

やれば捜査を妨害したように見えるから、やり難いだろう。

つまり捜査する側からすれば、

逮捕できるのが国会開催前の先週しかなかったのだから致し方ない話で、

それをおかしいとまで言うのはそれこそおかしい。

また、小沢氏は不審な資金の動きについて、

虚偽又は記載ミスがあった事は事実のようだが、

そのことを認識していなかったと主張する。

では何故資金の不正な使用が無かったと言いきれるのだろうか。

不正使用していないと分かるという事は、

全ての資金の流れを把握していたという事だろう。

資金の流れをきちんと把握していたのに、

収支報告書が間違っていたという事は、間違っていたのではなく、

わざと虚偽記載して誤魔化していたと言う事だろう。

いずれにしても、どこかで何らかの嘘をついている事にならないだろうか。

お正月気分。

元日と翌2日は少し贅沢をして、2日続けて寿司屋に行き、

刺身や焼き魚と握りを肴に、ビールをがぶ飲みして過ごした。

寿司屋の大将は出前の寿司を握るのに忙しく、

あまり話し相手になってくれなかったが、

それでも時々は手を休めて話をした。

年末のテレビは再放送ばかりで、年末らしい番組が減ったとか、

大晦日でもこれと言う特番や年末らしい番組が無く、

他に見るものが無かったから紅白の視聴率が良かったのではと話しした。

正月元日ぐらいは全て休めば正月らしくなるのにと話したら、

目の前で働いている大将もその通りと賛成してくれた。

数年前からテレビ番組は、レコーダーに録画して、

取り溜めしたものを見ることが多く、

生番組でも生で見ることは少なくなった。

なので、今だに年末の番組も観ている状況だ。

録画して直ぐに見ることもあるので、

正月番組と年末番組をごちゃごちゃに観るのだが、

たまに年始の番組なのに年末の番組としか思えないものがあった。

不景気で予算がないから、テレビも華やかな番組が作れないのだろうと思うが、

不景気だからこそ低予算でも、

もっと年末年始らしい番組を放送する努力が欲しかったと思う。

そして思う、元日一日ぐらいは全ての商店が休んでも良いんじゃないか。

そんな事を忙しく働く寿司屋の大将を目の前にしながら考えていた。

余命。

余命、数日と数十日。数十日と数ヶ月。

数ヶ月と1年。1年と十年。

そして数十年。

比較して考えると、全て限りがある数字なのだけれど、

それぞれに寿命としての違いは大きい。

余命3ヶ月では出来ない事が多いけれど、

余命1年あれば何か1つぐらいは成し遂げられそうだ。

余命1年では1つでも10年となると、

たいていの事が出来てしまいそうな気がする。

数十年となるともう、余命ですらない感じだ。

でも、限りはある。

生まれたての赤ん坊が20歳までしか生きられないと言われたら、

余命20年と考えるかもしれない。

今、病気ではないけれど、

だから誰も私に余命○○なんて事は言わないし言えないけれど、

限りが無いわけではない。

母親が亡くなった歳まであと3年、父親が亡くなった歳まであと23年。

祖母が亡くなった歳までだと30年以上。

祖父が亡くなった歳までだとマイナス20年ぐらいだろう。

残りの人生で、

後どれくらいの事ができるだろう。

謹賀新年。

明けましておめでとう御座います。

電子メールと言うものが出来るまで、

一度も年賀状を出したことの無い私です。

子供の頃、学校の授業で年賀状と言うものを学び、

書いてみましょうという事になった記憶がある。

勿論書かなかったし、書けなかった。

友人から年賀状が届いても、新学期に学校で会って、

お礼を言うだけで、こちらからは出さなかった。

そして、年賀状は書かないと決めると、

大人になり、就職し、先輩や後輩から年賀状をもらっても、

こちらからは一切出さなかった。

会った時にお礼は言うけれど、年賀状は書かなかった。

そして、電子メールと言う便利なものが出来て、

最近少し考えを改めつつあります。

年賀メールは発信するようになりました。

そして、デジカメとかの写真をPCで加工し、

葉書に簡単にプリント出来るようになって、

ちょっと、手書き風の年賀状とか作ってみようか、

などと、思うようになりました。

ただ、今年も残念ながら、実行には移しませんでした。

という事で、代わりにここに年賀状。

年賀1

大事な事を忘れてました。

文章を書く以上に苦手だったのが、

絵を描くことでした。

決して嫌いじゃないけれど、下手でした。

なので、写真に文字だけです。


カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
リンク
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
最新コメント
商品案内
Amazonは全品無料配送キャンペーン中。ロープライス品は送料に注意。インクの再生品(ロープライス)は送料無料。
検索フォーム
QRコード
QRコード