元犯罪者が書いた本

元犯罪者が書いた本に犯罪の真実はあるのだろうか。

 いろいろな意見の中には、

犯罪者自身が犯行当時の気持ちを書く事で、

犯罪に至る心理がわかり犯罪の抑止につながると言うものがある。

しかし、犯罪者は自分の心理が解るものなのだろうか。

 犯行当時自分が何を考え、それをどう感じていたのかについて、

犯罪者が真実を語ると言う保証はない。

犯罪者だって言い訳はしたいから、

自分勝手なだけの話など書きたくないし、

結果少しでも自分を良く思わせるような言い訳をするだろう。

 また、犯罪者には自分の深層心理が解っているものなのだろうか、

そして罪を償う間その記憶を保っていられるのだろうか。

たぶん解っていないし覚えてもいないのではないだろうか。

 結局、元犯罪者本人が自分で書いていたとしても、

その犯罪に関しての真実があるとは思えない。

まして、出版社から出される本は少なくとも編集者の手が加えられている。

真実からは遠ざかっているような気がする。

・レンコンきんぴら

 素人が適当に作ったきんぴら

 しゃきしゃきでおいしい。

 きんぴらがおいしく作れる人は、料理が上手いと思っていた。

 レンコンのきんぴら、しゃきしゃきのきんぴら。

 素人には難しいと思っていた。

 理由は市販のレンコンきんぴらが、しなしなで美味しくないから。

 しなしなのきんぴら、素人料理だと思っていた。

 自分で作ったレンコンきんぴら、

 しゃきしゃきで美味しい。

 何度作ってもしゃきしゃきで美味しい。

どうしても、市販のしなしなの不味い金平になんてならない。

 きんぴらは作るのが難しいと思っていたが、

不味く作る方が難しい。

・重力波とか重力子とかは、なぜ重力の影響を受けないのか?

 重力波とか重力子があり、

それが重力を伝達しているのだとすると、

質量を持たないとされる光ですら閉じ込めてしまうブラックホールは、

なぜ重力子や重力波をその内部に閉じ込めてしまわないのだろう?

・日本海

 韓国は「東海」に変更しろと言っているようだが、

韓国にとっては「日本海」の方が良いはず。

 17世紀初め頃の中国で作られた世界地図では、

「日本海」と言う名称が使われていた。

 それから200年後の江戸時代の終わり19世紀初め頃に

日本人が作成した世界地図で日本海は「朝鮮海」と表記されている。

 日本で作られた地図は日本を中心に、

中国で作られた地図は中国を中心に考えて作られている。

中国で作る地図では中国から見てどこにある海かがわかりやすい名称にするし、

日本で作られた地図では日本から見てどの方角の海なのかがわかりやすい名称にする。

 だから中国では「日本海」と名付け、

日本では「朝鮮海」と名付けたのだろう。

 実際日本に居て日本だけの考えで日本の周囲の海に名称を付けるなら、

「日本海」などと言うどこの事だか分かり難い名称は付けないだろう。

 現在日本海を「日本海」と称しているのも、

日本の要望だとか日本にとって誇らしい事だとかそういう日本にとって

良い意味で名付けられたのではないだろう。

 むしろ、日本以外の国にとって分かりやすい名称として

「日本海」が使われているのだろう。

 だから、韓国にとってはむしろ自分たちの国を中心にして付けられた

名称なのだと誇らしく思っても良いのではないかと思える。

 韓国の人が「日本海」と言う名称がどうしても嫌だと言うのであれば、

いっそ「朝鮮海」とか「韓国海」に名称変更してもらった方が良いのかもしれない。

・嘘つきのパラドックス

 「私がいま話していることはウソです」と言うのがある。

 話していることはウソだとすると、ウソではなくホントと言うことになり、

ホントだとすると、ウソを言っていることになるというパラドックスだ。

 言葉だけで考えると正解は導けない。

だが、言葉を発している私を含めて考えれば、

私は嘘を言っているだけの事だと分かる。

 私は嘘を言っているのだから、

私はウソだと言いながらホントの事を言うというウソを言っているってことだ。

ホントの事なのに私はウソだと嘘をついているのだから、

ウソと言う事で成り立っている。

 言葉としては矛盾するが、

そこに言葉を発する私と言う主体を入れて考えれば、

私は嘘を言っているということで成立してしまう。

 私は、本当の事をウソだと嘘をついていると言うことで矛盾は無い事になる。

 数式の世界では成立する事だったり、矛盾してしまう事が、

現実には存在できなかったり、普通に矛盾なく成立したりする。

言葉や数式では現実を全て言い表せるものでは無いとも言えるだろう。

 数学的に正しい事が現実にも全て存在するという事ではないし、

数学的には矛盾する事でも現実には存在するかもしれないという事は十分に考えられると思う。

・約140億光年

 約140億光年離れた星から、今地球に光が届いた。

光が発せられた場所は、約140億光年離れた場所だ。

宇宙は膨張しているし、宇宙が誕生して約140億年だ。

 さてこの話の矛盾点は分かりますか。


 約140億年前には、

約140億光年も離れた場所には何も無かっただろうに、

なぜ140億年かけて何も無かった場所から光が届くのだろう?

・出来ない理由

 出来ない理由を見つける事も実はとても大切な事。

 出来ない理由さえ見つかれば、

他の道を探す為に時間を使えるかもしれないのに、

出来ない理由を探さなかったが為に、

出来ない事に挑戦し続けて時間を無駄にしたりする。

 何でも出来るはずだと言われ、出来ない事に挑戦し、

出来ないはずのものを作ってしまった時、大勢の人を危険にさらすかもしれない。

 原発も、

お金をもっとかければ安全に出来るのかもしれないのに、

予算を決められ、それ以上の金をかけられないと言われ、

出来ないと言えば、出来ない理由を考えるな、

そんな暇があるならやれる方法を考えろと言われ追い詰められる技術者達。

 その結果、危険な事で有っても、

基準の方が間違っているなどの理屈を作り出して、

基準を変えてしまい、安全な事にしてしまい、

危険な状態の施設を作ってしまう。

 危険を生み出す危険な言葉「出来ない理由を考えるな」

・輸入品が安い=日本の物価が高い

 日本の物価は高いと言う事を忘れて、

金融緩和でインフレ誘導などと言う事をしても無駄だと思う。

デフレが進むのは、

海外に比べて日本の物価が高い事が原因だと言う考え方も出来ると思うから。

 日本の物価が高いから、

海外から安い製品が輸入されてきて物価を下げるからデフレになる。

海外の製品が安い原因は円高だとも考えられるし、

海外の労働者の賃金が安いのが原因だとも考えられる。

 円高が原因ならば、

日本経済は弱体化していると見せかけて円安に誘導するのが良いのだろうか。

 海外の労働者の賃金が安いのが原因だとすると、

日本の労働賃金も下げれば良いのだろうか。

 結局は発展途上国などが、

経済力をつけて日本並みになってくれるのが一番なのだろうと思う。

だとすると、

途上国を経済的に支援するのが一番の解決策と言う考え方も出来る。

 金融緩和でお金を借り易くしても、

借りる側に有利子負債を増やしてまで設備投資する意味がなければ誰も借りないから、

何も変化は起こらないような気がする。

スポーツは争いごと?

スポーツを国家間の争いごとにする事に疑問を持った。

国や地域で区分けするのは、選別の必要上の事であって、

スポーツの本来的な事ではないだろうと考える。

完全な個人戦のスポーツの場合であれば、

世界規模の大会でも国を背負っていない場合がある。

個人の資格で個人のお金で出場した選手を、

日本人だからと言って頑張れ日本と言って応援するのは何かずれている気がする。

実際そんな様な場合は個人名で応援するだろう。

たとえ応援する理由が日本人だからだとしても。

団体競技では、出場選手の選別の都合で、

地域の代表というかたちで選ばれる事になる。

代表として選ばれるという立場上、

その地域を背負って出場する事になるだけで、

誰かの代わりと言う代表ではないのだから、

何かが違うような気がする。

少なくとも、ワールドカップに出場した選手は、

私を代表したりはしていないので、

私としては無関係な人と思っている。

 謝罪になってたかなぁ?

 収入が少なくて親を養えなかったとか。

養う努力はしたのかなぁ。

福祉にお返し?なんだか言葉のチョイスがおかしい気がする。

肝心なところはお馬鹿の振りをして誤魔化しきったと感じた。

 回りに頭の良い人が沢山居るはずなのだから、

少しは勉強してから会見に臨むべきだろうとも思った。

 本当に高収入があって、親を楽に養えるのだったなら、

やはり国民を騙していた事になるだろう。

福祉の人と相談したと言うけれど、

事実を隠して養えないと嘘を言っていたからこそ、

国民の税金からお金が支払われ続けたのが事実だろうと思う。

でも、嘘をついていた事への謝罪はなかった。

それとも、福祉の人と言うのがお馬鹿で、

ちゃんと収入とかを聞かなかっただけだろうか。

或いは、本当に判断の難しい微妙な額の収入なのだろうか。

 会見では結局肝心な事は分からなかった。

反省していると言われているが、

バカの振りをして、何も分からない振りで押し通したようにも見えた。

 親を養う努力をしなかったことへの謝罪、

或いは、なぜ努力しても養えなかったのかの説明が無かったような気がする。

・地震の予想

 地震発生の予想は、

博打の予想だったり、株価の予想に似ている気がする。

何れも過去の結果を元にして、

最近の出来事などを材料に予想しているだけで、

未来に起こる事そのものを本当に予想しているのか疑問だ。

 統計データーを元にした科学的な検証結果なのだろうけれど、

データーはあくまでも過去の結果に過ぎなくて、

未来が同じと断定できる根拠など無い気がする。

 活断層だって、

過去の地震の結果生まれただけで、

未来に地震が起きやすい場所と断言出来るのだろうか。

現在活断層が無い場所で地震が起きて、

結果として新たに断層が生まれたとしても、

知られていない活断層が有ったのに、

見落としていたと言われるのではないかと疑っている。

・ミサイルの失敗は

 発射後に壊れたミサイル。

新しい指導者が責任を問われるような報道がされていると思う。

新しい指導者が実績を積む為に、

ミサイルを発射したのに失敗し、

新しい指導者は困っていると言われていると思う。

でも、逆じゃないかとも思う。

 新しい指導者に敵対する人間に責任を取らせて排除する為に、

失敗しそうなミサイル発射を強行したのかもしれない。

 軍の中には新指導者を好ましく思っていなかったり、

新指導者の方針に反発している人がいるかもしれない。

だから、敵対する軍幹部の人間にミサイル発射の責任を負わせ、

失敗した事で軍幹部から排除する。

 新指導者の勢力固めの為の、

ミサイル発射とその失敗だった、

という見方はどうなのだろう。

・今日のとある新聞記事

 記事の内容は、

『大阪市交通局の元嘱託職員(解雇)が、

昨秋の大阪市長選で前市長の支援を求める労組名義の職員リストを捏造した問題で、

元職員からリストを提供された大阪維新の会の杉村幸太郎市議が12日の市議会で、

「(議会で取り上げ)お騒がせしたことを市民や議会におわび申し上げる」と謝罪した。

 他会派の議員から「組合がリスト作成に関与したと決めつけた」

と維新市議団の責任を追及する声が上がったが、

維新代表を務める橋下徹市長は

役所や公務員の悪口を言うのが議員の仕事。

組合は公務員の団体で、個人攻撃をしたわけじゃないから問題ない」と反論した。』

 と言うものだった。

 役所や公務員の悪口を言うのが議員の仕事って、

そんな事がいつから議員の仕事になったというのだろう。

それどころか、公の場で悪口を言って相手の名誉を傷つける行為は犯罪だ。

たとえ悪口の内容が事実であったとしても、

悪口と言うからには相手を傷つけることが目的の発言なのだから、

公に行えば違法行為であり、

議員どころか市長だってやってはならないこと。

悪口ではなく問題点を指摘し批判する事は、

市民のために行う事であれば、議員の仕事の一部かもしれないが、

決して悪口であってはならないと思う。

 議員は役所や公務員を上手く使いこなすのが仕事であって、

敵対する事は決して良い事ではないはずだ。

もし、記事の内容が正しいとしたら、

こんな発言をする非常識な人は、

政治家を止めるべきだと思う。

もしも

 多額の借金をした男が、

財産は、誰にもやらんと言う遺言書を、

正式な物として遺した場合、

その相続人は、借金を相続するのだろうか。

たぶん、

 風邪は治っている。
 
ねつは無いし咳きもでないし喉も痛くない。

もともと風邪を引いていたのかも疑問だから、

治ったと言って良いのかは疑問だ。

風邪かもしれない。

 一昨日原因不明の発熱。

風邪だと思うのだが、発熱と発熱にともなう症状は有るものの、

それ以外の風邪らしい症状が無い。

 昨日の朝には熱も下がり、昨日の昼には治ったと思っていた。

 今朝になって、気道に違和感が感じられる。

風邪の時のような炎症が起こっている様に感じる。

発熱はほとんど無いし、喉の痛みや鼻の炎症は無い。

もし、本当に風邪を引いているのだったら、

他の人にうつしては迷惑をかける事になる。

今日は、外出を控えてずっと家から出なかった。

 今現在、何となく微熱が有るような気がするが、

それ以外に風邪の症状らしきものを感じない。

 本当に風邪なのだろうか、それとも・・・・・。

・年始

 初夢を見た。

けれど、二日の朝目覚めた時には、初夢の事などすっかり忘れていた。

朝食のカレーパスタ(レトルトのキーマカレーをパスタにからめただけ)

とバゲット少量を食べて、紅茶とコーヒーを飲みながら、

暫くテレビを眺めた後、

パソコンに向かいブログなどを眺めている時、ふと思い出した。

そうだ、今朝夢を見たと思い出し、

それって初夢だと気付いて、

少しもめでたくなかった事を残念に思った。

 めでたくは無かったけれど、

思い出しているうちに、夢の中でとても懐かしく思い、

切なく感じていた事を思い出した。

 夢の中の出来事はめちゃくちゃで、

出てくる情景も全体としては見たことも行った事も無い場所のはずなのに、

部分部分は思い出の場所だったような気がする。

 夢なのだから当たり前なのだろう、

今までに自分が見た景色が、

記憶された風景が出てくるのが当たり前の事なのに、

なぜかとても不思議な事のようにも思える。

 思い出の世界を見るのなら、

なぜ思い出のままの情景ではないのだろう。

なぜか始めて行く場所のことが多い。

だから、道が分からなくて困っていたりする。

思い出の中の景色を使い、なぜか別の場所を作り出している。

だから、懐かしいのにその場所が何処なのか良く分からない。

不思議だ。

・自転車道

・自転車道も作れない狭い歩道に、

なぜに無理やり街路樹を植えるのだろう。

せめて人が人と触れる事無く避ける事無く、

すれ違えるくらいの広さを確保してから街路樹の設置を考えるべきだろう。

歩道が狭くて自転車の通行が危険視されている場所に、

立派な街路樹や植え込みが必要なのだろうか。

街路樹が視界を悪くして事故を起こしやすくしていても、

わざわざ大金をつぎ込んで道を狭くして街路樹を植える必要なんかあるのだろうか。

 そんな狭い道幅の中で、

わざわざ自転車道や自転車専用レーンを増やし始めている。

中途半端だから、

皆が無視して自転車道としてあまり意味を成していないような気がする。

 
 自転車は車道を走るのが基本と言うならば、

今後は自動車のドライバーへの再教育が必要になるだろう。

 自転車が自動車と同じ車道を走れば、

次には自転車に対する安全が問題になるはずだ。

自転車を邪魔者扱いして、猛スピードで

(自転車からすれば、制限速度で走る車は十分猛スピードだ)

自転車の側を通り過ぎる車は、とても危険だから、

自転車の側を走る時は徐行しなさいとか、

車間距離を広めにとりなさいという事になると思う。

 人が歩き難いから危険だから、歩道から自転車が追い出される。

次には、自転車が走り難いから危険だから、

一般の車道から自動車が追い出される。

自動車は自動車専用道を走れと。

自動車が入り込めない自転車専用道が作れないならそういう事になるのかな?

 まずは歩道から、邪魔な電柱や標識の柱を減らし、

狭いなら街路樹も減らす事だと思う。

それで歩道が広くて安全になれば、

自転車も通行可と言う事になるのでは?


物語 目次


・ネガティブ。

 福島原発の風評被害の事を考えていて、

自分はなぜ放射能を気にしないでいられるのかと考えて、

逆に風評なんかにおびえる人達は、なぜ悪い方に考えるのかと思った。

 みんな敏感になりすぎている。

過剰反応しすぎている。

そんな事をしていれば、税金の無駄遣いを増やして、

もっともっと不幸が訪れるに違いない。

 敏感になり過剰反応で国や大企業を攻め立てて金を使わせる。

国や大企業が使う金は、結局自分達が払わされるというのに。

もっと言えば被災地の被災者だって税金を取られる側にもなるし

料金を支払う側にもなる。

 必要以上の事に税金を使わせたりすれば、

自分達にその被害が帰ってくることを考えた上で、

いろいろな事を決めさせなければ駄目だと思う。

 ネガティブになると無駄遣いが増えて損をして、不幸になる。

もっとポジティブに考えて何とかなるさと無駄遣いしなくて良くすれば、

きっと幸せになる。

 僅かな放射能に脅えて神経をすり減らせば、

放射線によるガンの発症率以上にガンになる確率が増えるし、

ガン以外の心身への障害も増えると思う。

ある程度は国や自治体や大企業を信じた方が、健康に良いと思う。

それに、危険性を指摘している連中の何を信じられるのか、

その科学的根拠の方が曖昧に思える。

アポロは月に着陸していないと主張する連中や、

タイムトラベルを信じる連中が言う非科学的な事など、

面白いお話としてだけ耳を傾けるべきで、

信じて気にして国に無駄遣いをさせたりするのはとても馬鹿げている。

 微量の放射能が検出されたから駄目だと文句を言うが、

微量なのだから問題ないはずで、

微量過ぎて測定にとても高価な機械が必要なレベルの話だろうと思う。

微量の放射能も許せないなら、この世界には住めないのだから、

きちんとどの程度が危険な量なのかと言う話をしなければ意味が無い。

測定精度を高めれば、

人間も微量の放射線を発する放射能そのものという事になってしまうのだから。

 国には頭の良い役人達が沢山いるはずなのに、

風評に振り回されて、まるで国が風評被害者みたいになっている。

・ニュートリノはタイムマシンを否定。

 光の速さを越えると時間が逆行するとかしないとか。

 ニュートリノが光より僅かに速いという測定結果のニュースで、

タイムマシンが出来るかもと言っている。

 もし、光の速さを越えると時間を逆行して過去に行ってしまうのならば、

光より速いニュートリノは観測出来なかったはずだ。

 光より速いニュートリノが観測できたという事は、

光の速さを越えても時間を逆行したりしない事が証明された事にはならないのだろうか。

そうだとすると、光より速いニュートリノは、

タイムマシンの可能性を否定したと考えるべきではないのか?

・なま肉

 皆そんなに生肉が好きだったっけと不思議に思う。

最近のニュースを見ていると、

焼肉店では生肉を食べるのが主流であったかのように思ってしまう。

焼肉店なのに焼かない肉が食べたいとか、生肉目的で焼肉店に行くとか、

なんだか不思議に思ってしまう。

 生肉に対する新しい法律が、厳しすぎるという意見があるみたいだ。

基準に見合う肉を仕入れできないとか、自分の店では無理が有るとか。

でも、法律が厳しければこそ、

きちんとした加工をする業者が存在出来るという事だと思う。

 衛生意識の低い業者が安く生肉を提供するから、

まともな肉を提供しようとする業者が存在出来なくなっていた。

だから、法律を守った安全な生肉を卸す業者が存在しなかった。

そう考えれば厳しすぎる罰則で丁度良いのだと思う。

 テレビではたった100gの肉を使って、

新法の方法で処理すると生肉で提供できるのは、

わずか40gに減ってしまうと表現していた。

テレビってって思う。

以前の加熱処理無しのトリミングでは、より分厚く剥ぎ取る必要があり、

提供できる生肉が0gだったのが、

新法の加熱処理有りの方法では40gに増えたと考えるべきだと思う。

・かぼちゃ

 最近度々かぼちゃを煮付ける。

大根とこんにゃくや鰤の煮付けとか、

かぼちゃとじゃが芋や高野豆腐とかの煮付けとかを良く食べる。

理由はカロリー摂取を減らすとかコレステロール値を下げるとかの必要からだが、

要するに沢山食べたいから食べ応えがある割りに

低カロリー低コレステロールの食事の為に、野菜の煮付けを作って食べている。

 先日そのかぼちゃを煮るのに失敗して煮崩れてしまった。

かぼちゃは直ぐに煮えるから、なるべく煮ないのがコツ。

最初に沸騰するまで火にかけたら、後は蓋をして火を消して放置して、

かぼちゃに火が通り味がしみこむのを待つ。

そして食べる前にもう一度火にかけて温める。

じゃが芋だと味をよりしみこませ柔らかくする為に、

温める時に少しとろ火で煮込む。

 じゃが芋とかぼちゃの煮物だから、

二度目のとろ火での煮込みを少し長めにと思っていたら火が強すぎて煮立ってしまい、

かぼちゃだけが煮崩れた。

 仕方ないなと思いながら煮崩れたかぼちゃをすくい取って

無理やり皿に盛り付けて食べ始めると、

何か薬臭い洗剤臭い臭いがかぼちゃだけからしてくる。

かぼちゃは種を取り除いてカットしてパックされて売られていた物で、

軽く水洗いしてそのまま鍋に入れた。

 結局少しだけ食べて、やはり気持ち悪くなって残りは捨ててしまいました。

 薬臭いかぼちゃってあるのでしょうか?

それともスーパーでの加工時に何か薬が使われていたのでしょうか?

・梯子なんて初めから無いさ

 むかしむかしある国とよその国が戦をしていた。

前線で兵士達が必死で戦っている最中に、

互いの国の幹部同士が密かに交渉を続けて和睦することに合意した。

突然の和睦の発表に戦っていた兵士達は怒った。

最前線で戦う俺達に何の相談も無く和睦するとは何事だ。

 さて、密かに和睦の交渉をした幹部は悪い事でもしたのでしょうか。

交渉をするのに手の内を晒すのは愚かな事。

それに必死で戦っている兵士に、和睦するかもと言う情報が流れては、

士気が下がるというものだ。

 最近、なぜ私に事前に知らせてくれないのだと反発する人を、

政治の世界でよく見かける。

その人達は梯子を外されたと報じられたりするけれど、

自分の立場や役割を分かっていないだけではないかと思う。

そんな事に文句を言うようでは政治家失格だろうと思う。

・節電率

 先日9月分の電気料金のお知らせが届いた。

使用期間8月2日から9月1日までの31日間で、

前年比30%減だった。

前月比でも約14%減になっていた。

ただ単に今年の8月は涼しかったからなのか。

或は、7月末にエアコンを最新省エネタイプに買い換えたのが良かったのか

どちらなのかと考えている。

もしかして、去年使い過ぎていただけか。

 東京電力全体での削減率もかなりなものだが、

平均30%には達していない様子だ。

果たして他の一般家庭での削減率はどれくらいなのだろう。


 自販機の照明を再点灯するというニュースを見た。

もうすっかり暗い自販機に慣れたと言うのに、

照明はやはり必要なのだろうか。

照明を消して、どれだけ売り上げに影響したのだろう。

・かき氷のバニラ

 練乳のバニラって無いのだろうか。

もし有れば、

バニラのかき氷だ。

なぜ無いのだろう。

・地デジ化

 アンテナ工事が一ヶ月待ちというニュースを見て、

地デジのアンテナってそんなに大層な物なのかと思い、

ちょっとした実験をしてみた。

実験は、ただの電線をアンテナにして地デジは映るのかです。

結果は、普通の電源コードをアンテナ代わりに室内たらしているだけで映りました。

電波の弱い東京MXは映りませんでしたが、日テレ、テレ朝、TBS、フジともに映りました。

 室内でワンセグテレビが映る環境であれば、

たぶん地デジの電波は届いているので、

安価な屋内アンテナを購入して接続すれば十分ではないかと思います。

高い工事費を支払って屋根の上にアンテナを設置しなくても

大丈夫な場合が結構あるのではないかと思う。

 なかなかアンテナ工事に来てもらえないのなら、

室内アンテナを試すのも手だ。

でも、ただの電線で映るのだから、

従来のVHSのアンテナでもそこそこ映るのではないか。

電波状態にもよるだろうけれど、もし映るのなら、

誰かが庶民を騙しているのかもしれない。

騙してアンテナを付けさせている?


 少し調べてみたら、電波状態の良い地域では、

VHSのアンテナのままで問題なく地デジが見られるみたいです。

アンテナ工事を頼む前に何かで確認した方が良さそうです。


 ちなみに我が家はもともとUHFアンテナ有りです。

・思い出の地

 自分の住みたい場所に住み続けられる人は、たぶん少ない。

そんな事を分かった上で、

自分の故郷を離れたくないなどと贅沢を言うのだろうか。

 思い出にしがみつくのは、良い事なのか。

多くの人が思い出から離れて幸せをつかむ。

昔の花嫁は、思い出の生まれ育った親元の地を離れて、

お婿さんのもとに嫁ぎ、たぶん幸せになると言われた。

 昔農家の次男坊は、長男の元を離れて養子に行ければ幸せで、

そのまま家に居続ければたぶん不幸だった。

 家に居続けて幸せになれるのは、たぶん一部の人達で、

家に居続けると不幸になる人も多かったと思う。

自由に移住の出来なかった時代には、

生まれ育った土地を離れる事を夢見る人も多かったと思う。

 なのに今、

生まれ育った土地を離れるのを不幸だと決め付けて宣伝するのはなぜだろう。

離れる事が幸せな場合も多いのに。

思い出の地を大切にしたいからと言って、

それに固執できるのは極限られた人だけだし、

それで幸せになれるのは、さらにわずかな人達だと思う。

 自分の住む町が発展する時には、

思い出の建物、思い出の自然、思い出の人達は変わって行くものだ。

変わらない所に発展もない。

発展も変化もない生活は、破綻すると思う。


 住み慣れた家を離れるのが嫌だと言って、自殺した人が居た。

そんな理由で自殺しなければならないのなら、

日本に人なんて居なくなる。

私だって何度も死んでなければならない事になる。

・脱原発と言うけれど

 原発を増やしてきた理由に対しての答えが無いままに、

脱原発と言うのは稚拙だ。

 地球温暖化対策だとか、

石炭石油天然ガスの天然資源はいずれ枯渇するとか、

輸入に依存するエネルギーの安全保障の問題だとか、

色々な問題があって原発が取り入れられてきた。

 少しずつ減らしてきた火力発電を今年一気に増やしている。

太陽光や風力で原発を減らした分を補うのでは火力発電は減らせない事になる。

 地球環境を考えて原発を増やしたはずなのに、

環境に悪いからと急に脱原発に舵を切る。

絶対にと言えるくらいに安全な原発の開発はありえない事なのか。

まだまだ何も議論していないのに感情だけで動いて本当に将来の為になるのだろうか。

 本当に異常気象の原因が、CO2による地球温暖化だったらどうするつもりだろうか。

今年日本はCO2の排出量が大幅に増えるだろう。

超豪雨だとか、超巨大台風だとか、超寒冷化とか、超少雨だとか、

自然災害をなめるなと思う。

超食糧難だって引き起こされるかもしれない、

そうすると大勢の犠牲者が出るかもしれない。

 将来の地球環境をじっくりと考えなければ、

怖いのは放射線だけではないはずだ。


 過去数人の首相達は夢ばかり語り、

現実離れした政策を推し進めようとしていたと思う。

菅さんになって現実的な方向に政策転換されつつあると思っていた。

しかし、震災後の政策は徐々に夢物語が増えて、

現実が置き去りにされている様に思う。

 公の場で、首相としての意見ではなく、

個人としての意見を聞かされても困るよ~。


確りと現実を見据えた政策を推し進める首相に出てきて欲しい。

・停止したら安全?

 原発は、停止したら運転中より安全なのか疑問だ。

多少安全になるかもしれないが、

単なる使用済み燃料の貯蔵プールですら安全ではなかった。

地震が来れば自動停止する。

福島の原発も全て自動停止はしたらしい。

停止した後の冷却が出来なくなったのが問題だった。

電力事情が厳しい中で、

停止したままにしても同じくらい危険ならば、

動かした方が得では無いのかと思う。

むしろ、停止して安心している方が危険ではないかと思う。

金を生まない施設には金を掛けられないから、

民間企業は手抜きをしたがるかもしれない。

余程厳しく監視していなければ危険性が増してしまうかもしれない。

・ストレステスト

 原発の再稼動の条件は、

国のお墨付きと地方自治体の許可だけで良いような風潮があるように思うが、

今や原発のある場所の許可だけでは再稼動できないのが現実だと思う。

 原発のある地元自治体が許可しようと、国がお墨付きを出そうと、

周辺諸国が許さないのではないか。

結果として、EUなどで行うのと同様のストレステストに合格する事が、

国際社会の中での条件になっているのではないかと思う。

 この国の政府は他の国から脅されているのではないかなどと疑ってみる。

他国からの脅しで、ストレステストを行う事にしました、

などと知れれば政府の信用を失う事になると考えて、

或は、脅している国が脅している事を、秘密にしろと脅しているのかも知れないが、

独自の考えでストレステストを実施すると言い出したように装っているのかも知れない、

などと妄想してしまう。

 周辺諸国からすれば、

エネルギー不足で産業が疲弊し国力が弱まるのを見ているのは面白いかもしれない。

放射能汚染の賠償金を取るぞ、

などと脅してストレステストの実施を、

秘密裏に迫って面白がっているよその国の指導者がいたりしたら、

嫌だなー。
フリーエリア
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
最新コメント
商品案内
Amazonは全品無料配送キャンペーン中。ロープライス品は送料に注意。インクの再生品(ロープライス)は送料無料。
検索フォーム
QRコード
QRコード