世襲政治家。

最近、政治家の世襲が話題になっているが、世襲議員が多くなる原因は、

政治家自身をきちんと見て判断して、投票する事が出来ないからだと思う。

だから、親を知っているとか、応援を頼まれたとかと言う理由で、投票する事になる。

選挙の時、政治家の良し悪しを判断する判断材料があれば、

誰しも自分で判断して投票するだろう。

しかし、そのような判断材料が無く、どの候補者も似たり寄ったりに見える

ポスターや演説だけで判断しようとするから、政治家○○の子供とか、

政治家○○の跡継ぎとかの言葉で、まったく知らない人よりはマシだと思って

投票してしまうのだろう。

判断基準が知らない人よりマシでは、良い政治家を生み出すのは難しい。

ならば、政治家に試用期間を設けて、最低賃金で一定期間見習いをさせて

その働き具合を見てから、本選挙に出馬させるというのはどうだろう。

もちろん、マスコミには一定時間見習い政治家の様子を、放映する義務を持たせる。


けれど、公職選挙法による奇妙な制限をなくし、政治家自身がもっと自分の考えを

発表出来る様になれば事足りるような気もする。

核兵器

核兵器は危険なもので使えば使った国も相当な覚悟が必要で、使えないし、

使ってはいけない兵器の代表だけど、

自分たちにも危険が及ぶから使えないよ、使わないよと言う考えは、

平和な国にいるからこそ思える事で、

今も戦争状態の国や、厳しい政治・経済情勢の国の人間であったなら、

使える兵器があれば使おうと、たとえそれが核兵器だろうと、

使うぞという考えをするかもしれない。

平和な先進国が核兵器を持っても、使わない為の安全策を

幾重にも作るだろうけれど、内戦や戦争を続けている困窮している国が、

核兵器を持ったなら、いざと言うときいつでも使えるように、

準備しようと考える可能性がないだろうか。

オバマ大統領になって核軍縮に向けて協議を開始したようだが、

核廃絶までにはまだまだ長い時間が必要だ、

人類滅亡までできない事かもしれないが、

核戦争で滅亡してからでは遅い。

なくせ無いなら、本当に誰も使おうと思わない、

平和で豊かな世界にできないものだろうか。

地デジ

草 剛さんの事件、警察の対応など少し厳しすぎるように思うのだが、

地デジのCM打ち切りに関しては、CMが打ち切られた事自体に関しては、

良かったと思っている。

理由はCMが地デジに関して誤解を広めるだけで無意味なものだと思うからだ。

CMでは、早く地デジ対策しないとテレビが見られなくなると恐怖を煽りながら、

具体的に何をすれば良いかは伝えていないのと、2011年に地デジになると

誤解させかねない表現になっていると思うからだ。

実際、テレビでキャスターやコメンテーターが、2011年開始の地デジとか、

2011年から地デジになると言っているのを時々聞く。

正しくは、一部地域を除き地デジはすでに始まっていて、2010年までにはほぼ全域で開始し、

2011年にアナログ放送が終了するかもしれないだ。

地デジに関して、すでに地デジ放送が始まっていて、何をどうすれば見られるのかを

具体的に伝えるべきだと思うのだが、CM含めて分かりやすい内容が放送されているのを

見たことが無い。

そして、草 剛さんは地デジをあまり理解されていなかった様に思えるので、

もともと地デジ大使には向いていなかったとも思う。

成果主義

会社員の給与を成果主義にする企業が多いが、

逆に見直しをする企業も増えているようだ。

成果主義は年功序列に比べて利に適っているように思われるが、

肝心の成果を判断する方法が、はたして年功より優れているのかを

考えなければならない。

成果を判断するのもたいていは人間だから。

ある売り上げに対して誰の成果かを判断するとき、より良い商品を作る人、

直接お客と交渉する人、売るための資料を作る人、利益が出るよう見積もりする人、

などいろいろな仕事があってひとつの売り上げになっているから、

その売り上げと言う成果を、誰にどのように割り振るのか、

いったい誰が正しく判断できるだろう。

また、人に仕事を押し付けて自分は楽しているような人が、人を使うのが上手いとして、

高い成果を上げたと評価されてしまう場合もあるだろう。

年功序列の場合、同じ仕事をやり続ければ上達するものだから、

ある意味正しく評価する基準になるだろう。

年々積み重なる年功と、人の勝手な判断で評価される成果と、

はたしてどちらがより公平で正しく利益を分配する基準になるだろう。

怖い夢の理由

怖い夢をよく見るが、これには理由がある。

楽しい夢では、目覚められなくなってしまい、眠り続けるからだ。

怖い夢を見て、夢から逃れたいと思わせて、目覚めさせているのだ。

楽しい夢ならば、誰が目覚めたいと思うだろう。

だから、目覚める直前の夢は怖い。

覚えている夢は、目覚める直前のものばかりだけど、

きっと眠ってても良い間は、楽しい夢を見ているはず。

だから、怖い夢を見たからといって不吉に思う事はない。

その前に縁起の良い、楽しい夢を見ているはずだから。

飲酒政治撲滅。

麻生氏が、就任当初批判を浴び、自重気味だった「バー通い」も完全復活した。

首相と言うのは酒で脳みそが麻痺していてもできるのだろう。

だったら普通の会社員より、派遣社員やアルバイトより給料は安くていいだろう。

勤務時間外の飲酒だから問題ないと言うのだろう。

しかし、いざ何か事が起こればいつでも対処しなければならない立場であり、

勤務時間外などというものがあるのだろうか。

もちろん首相といえども息抜きは必要だし、休憩も、休暇もとれば良い。

ただし、いつでも正気でいるべきだ。

脳みそをアルコールで麻痺させていて、いざと言うとき直ぐに、正常に戻せるわけがない。

酒を飲んでいなくても、失言や読み間違いの多い人なのだから、

自分が選んだ閣僚が、酒で失態をさらした事もあるのだから、

首相でいる間、たぶんあと少しなのだから、禁酒してもらいたいものだ。

なぜ、核武装を議論?

中川昭一前財務相は19日、北朝鮮が核開発再開を宣言したことに関連し

「純軍事的に言えば核に対抗できるのは核だというのは世界の常識だ」と述べ、

日本として核武装を議論すべきだとの考えを表明した。


核を持たない国だから、核兵器廃絶と言っても信憑性があるし、意味を持つと思う。

核兵器を持とうという議論をしながら、他国に核兵器廃絶と言っても、

相手は聞く耳を持たないだろう。

今現在聞く耳を持つ国が無いとしても、聞かない理由まで与えてどうすると思う。

核兵器廃絶に反する行為は、核兵器の犠牲となった国民とその遺族に対する

裏切り行為ではないだろうか。

もちろん、日本には言論の自由があるから、自分の考えを述べる事をやめさせる

権利は誰にもないかもしれないが、

憲法第12条で、「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の

努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならない

のであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。」とされており、

義務と責任を持った上での自由だから、影響力の大きい国会議員が発言する場合は、

その影響を十分に配慮した上で行なう義務があり、その発言が公共の福祉に反する

場合は責任を取るべきだろうと思う。

イラク・北朝鮮

イラク戦争の原因となった大量破壊兵器をイラクが所有していなかったから、

戦争の大義名分は無いと言われるけれど、大量破壊兵器というのは、核兵器、

細菌兵器、化学兵器などで、化学兵器であれば、日本の宗教団体が隠れて

こっそりと作り、東京のど真ん中で撒いた、「サリン」も含まれる。

問題は、大量破壊兵器を現に持っている事ではなく、指導者が大量破壊兵器を

平気で使う人間かどうかだろう。

指導者が使う気ならば、いつでも作れる可能性があるのだから所有しておく必要はない。

フセイン元大統領は、自国内の少数派の民族に対し、化学兵器を使用したとされていた。

フセインが指導者の立場を退かず、大量破壊兵器の査察にも非協力的だったことは、

対イラク戦争に大義名分があった思える。

ただし、その後のアメリカ軍によるイラク支配、アメリカ兵による警察行為などは、

ほとんど許されない行為だと思う。

北朝鮮の人工衛星だかミサイル実験だかの問題も、ミサイルそのものが脅威なのではなく、

周辺国を裏切って核兵器を所有したりする行為が、とても平和を望む国とは

考えられないから問題で、たとえ今回平和利用目的の人工衛星の打ち上げであっても、

その技術は、核ミサイルに転用可能なのだから、周辺諸国から批判され、制裁されても

当然な事だと思う。

ただ、北朝鮮は超大国のアメリカ・ロシア・中国の真ん中に位置しているからややこしい。

東西冷戦の時代は終わったように言われるけれど、韓国・日本にアメリカ軍が駐留

している状況で、北朝鮮がくさびとなって、各国の動きを止めているようにも思える。

くさびが無くなって自由になったら何かが起こりそうにも思える。

核兵器廃絶

米国のオバマ大統領はプラハ演説で、米国が「核兵器を使用した唯一の核保有国」

として、核廃絶に向けて行動する「道義的責任」を負うと表明した。

米国政府や米国民の多くが、原爆投下には戦争の長期化で、より多くの犠牲者が

出ることを防いだ「功績」があると言って、原爆投下を正当化している。

戦争の長期化で犠牲者が増えるという理屈は、はたしてどれほど確かなものだろう。

終戦の年、日本はかなり疲弊していた。米軍への攻撃もほとんど効果の無い、

それも底を突きかけていた特攻しかなかったようだし、原爆投下が無くても、

どれだけ戦争を続けられただろう。

事実、終戦直後の日本は食糧難で、餓死者が出ている状況で、他国からの

救援が無ければどうしようもない状態だったのだから。

日本に無条件降伏を迫るから、本土上陸で犠牲者が増えるという話になるので

条件を緩和すれば、もっと早期に戦争終結出来たかもしれない。

かもしれないと言う理由ならいくらでも作れる。

それに、日本への脅しとして使うのなら、一箇所で十分だし、地方都市とは言え、

わざわざ軍事施設の街の呉や佐世保ではなく、人口密集地の広島、長崎に投下

する理由が無いだろう。

もし、本当に原爆投下に正当性があると思っているならば、米国政府は素直に

謝罪できるのだろうと思う。

正当な理由では無いから、謝罪すれば自ら、自分たちが一般市民を無差別大量

虐殺したと認める事になってしまう。

原爆投下に正当化できる理由などないと思っているからこそ、米国政府は

謝罪できないのだろうと思う。

悲しいこと。ミサイルとか経済対策とか。

・理事長を完全に追い出す事の出来ない、理事会にすら出ない働かない
 
 理事ばかりの、漢検協会の存在が、許されているのが悲しい。

・紅白歌合戦に10回も出場している、浜崎あゆみさんが表紙の雑誌を見せて、

 記者にこの人物を知っているかと問う、首相の存在が悲しい。

・WBC、大騒ぎして、優勝までしても、利益の殆どが米国のものらしいのが悲しい。

・北朝鮮のミサイルだかロケットだかに、北朝鮮の思惑通り大騒ぎする、

 日本政府とマスコミが鬱陶しくて悲しい。

・経済対策として、多額の税金を投入し、多額の赤字国債を発行し、一時しのぎの為に、

 将来への不安が増えるばかりなのが悲しい。

・お金をばら撒いて景気がよくなると信じている、財界人が多数存在するのが悲しい。

・毎年、国民年金保険料が値上がりするのに、もらえる額は、減る話ばかりで悲しい。

携帯電話

携帯電話が普及して、行動の自由度が増えたと思う。

常に連絡が取れ、束縛されてるようで嫌だという人もいるけれど

私の場合は、携帯電話の無い時代の方が、束縛されていたと感じる。

携帯電話が無い時代には、外出するときに必ず、行き先を告げてから

出かけなければならず、途中で行き先変更したり、追加したりするときは、

会社に電話連絡しなければならなかった。

しかも、携帯電話が無いから、公衆電話を探す必要があった。

長時間外出するときには、定期的に会社に連絡を入れなければならないし、

何か問題が起こっていろいろな所と連絡を取り合いたくても、携帯電話が

無いから、出張先の人に頼んで電話を取り次いでもらっていた。

長距離出張では、電話料金が高い為、いちいちコレクトコールで電話する事になる。


携帯電話を持ち歩くようになって、徐々に、外出時にいちいち行き先をきちんと

告げなくても許されるようになり、定期的な連絡も不要になり、予定していなかった

行動も自由に出来るようになった。

また、社内の連絡書類がメール化されると、携帯電話にメールを転送して読む事も

出来て、会社に戻ったり電話で確認したりしなくても良くなった。

今はもっと自由な身になっているけれど、それでも携帯がなくなると

不自由で仕方ないと思う。


学校で携帯電話を規制する動きがあるが、すでに携帯電話を使いこなしている

学生から、携帯電話を取り上げたりしたら、暴動が起きるのではないかと思う。

メトロセブン。

個人的には、羽田-成田リニアモーターカーは、出来ても利用する可能性が低いので、

どうでも良くて、他にもっと早く実現してもらいたい、鉄道網がある。


葛飾区の今年度予算に、公共交通網の建設促進として250万円が計上されている。

内容は、「地下鉄8号線・11号線、メトロセブンの建設促進に向けて、国・東京地下鉄株

式会社等関係機関への要請活動を行います。また、関係区市及び国、都区連絡会と

連携して調査、研究会を開催します。」となっている。

地下鉄8号は有楽町線の延伸として、「豊洲-東陽町-住吉-押上-四ツ木-亀有-野田市」、

地下鉄11号線は半蔵門線の延伸として「押上-四ツ木-松戸」が計画されている。


メトロセブンは、足立区・葛飾区・江戸川区を南北に繋ぐ鉄道で、

環七通りに鉄道を新設する計画。

世田谷区他5区で推進するエイトライナーと繋げて、葛西臨海公園-羽田を

環七通り環八通りに沿って結ぶ計画だ。

品川区・港区・江東区が加わって湾岸道路沿いの鉄道を新設して繋げは、

新しい環状鉄道になる。


葛飾区で考えると、常磐線、京成線、総武線の東西に伸びる交通網はあるけれど、

それらを南北に繋ぐ鉄道が無いから、メトロセブンは有益な感じがする。

江戸川区も同様で、総武線、新宿線、東西線、京葉線と、東西交通はあるが、

南北が無いから、京葉線沿線以外の住民が鉄道で、隣町の東京ディズニーリゾートに

出かけるのに、わざわざ東京駅まで行って京葉線に乗り換える事になる。


常磐線、京成線、総武線、新宿線、東西線、京葉線が、南北に繋がるメトロセブンは、

我が家の位置からすると、とてもありがたいので、何としても

早期に実現してもらいたいと思っている。

羽田-成田リニアモーターカー2

昨日、「羽田-成田リニアモーターカー」の記事を間違って削除してしまった。

ごく一部しかメモしていなかったので、思い出しながら書き直してみたのだが、

昨日の夕方みたニュースで、現在北総線の印旛日本医大と成田空港を

直結させる路線の建設を進めていて日暮里と空港第2ビルを最速36分で

結ぶ予定。また、国土交通省は今年度中にも、成田に乗り入れる京成と

羽田に乗り入れる京急の両線をつなぐ都営浅草線を強化し、本格的な

空港連絡鉄道を構築する検討を始める見通し。国交省の方針に逆らってまで

リニアを建設するのは無理、という内容があり、

昨日の記事の最後に一文を追加した。

ただ、羽田と成田を結ぶだけだと、無理そうだけれど、新幹線や東海道の

リニアモーターカーとの接続まで含めて考えれば、まだまだ検討の余地が

あるのではないかなどと、色々妄想を楽しんでいる。

羽田-成田リニアモーターカー

森田健作氏のマニフェストに、羽田-成田リニアモーターカーというのがある。

総事業費1.2兆円で、羽田-成田を10分程度で結ぶ計画を考えられている。

羽田-成田間で1.2兆円もかけて、費用対効果で考えて、意味があるのかと

思い、色々計算してみた。1.2兆円を20年で稼ぐとして一人当たり4000円だと

1.2兆円/20年/365日/4000円≒4万人/日

1日4万人も乗降客がいるのかと思って調べてみると、京成線とJRの空港第2ビル及び

成田空港駅の合計乗降客数は、5万人近いので、リニアモーターカーで便利になって

利用客が増えれば、十分採算が取れるかもしれない。

羽田から成田まで高速道路の上とか下とかを通せば、土地買収の費用が

少なくて済むから、費用は低く抑えられるかもしれないが、少し距離の短い、

地下鉄大江戸線(リニアモーターカー)の事業費が約1.35兆円であり、 もう少し

大目の予算で計画すべきだろうと思う。

そして、羽田-成田間の所要時間だけれど、直線で結び、しかも途中停車無しなら、

10分程度になるかもしれないが、高速道路の上とか下とかを通すなら、

曲がりくねるから、距離は75kmくらいで、平均時速150km/hでも、30分かかる

しかし現在、高速バスで1時間20分、鉄道で1時間30分かかっているから

30分に短縮されるだけでも十分効果があるだろう。

ルート上には、お台場や東京ディズニーリゾートなどの観光スポットがあるから

観光目的でも利用客増が見込めるかもしれない。

けれど、既存の鉄道もスピードアップを図る計画が進められたりしているから、

反対も多いだろうし、費用対効果で考えれば、既存の鉄道の強化の方が、効果的

だろうから、やはり無理な話なのだろうか。

喫煙者は依存「症」

「首都圏のJR駅ホームから灰皿撤去」のニュースを見ていて、そういえば禁煙治療

には、健康保険が適用されるようになったはずだと思い、検索してみた。

禁煙治療!禁煙効果を実感する

禁煙治療が保険適用になる医療機関はまだまだ限られているみたいです。

禁煙指導に対する健康保険適用についてのJTの考え方

というのがあったので、読んでみると、喫煙は病気ではないが、健康保険が適用されると

病気だと認められた事になるから、反対しているようです。

私の経験から考えて、「リラックスのため、気分転換のため、ストレス解消など」の

喫煙理由は、まさに依存症の症状そのものだと思います。

喫煙で、リラックスしたり、気分転換できるのは、もともとリラックスしたい気持ちや

気分転換の必要性が、喫煙による依存症だからです。

喫煙していなければ、イライラも緊張も少ないのに、喫煙によりわざわざ

イライラや緊張を増幅し、増幅したイライラや緊張を、喫煙が和らげるので、

まるで、、「リラックスのため、気分転換のため、ストレス解消など」に役立った

ように感じるのだと思います。

タバコを販売している会社だから、禁煙に賛成しないのは仕方の無い事だけど、

禁煙の邪魔はしないで欲しい。

JTのテレビCMには、喫煙マナーを呼びかけるものがあるけれど、喫煙を勧め

ているように思える事がある。
フリーエリア
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
最新コメント
商品案内
Amazonは全品無料配送キャンペーン中。ロープライス品は送料に注意。インクの再生品(ロープライス)は送料無料。
検索フォーム
QRコード
QRコード