fc2ブログ

「いい感じに。」-4/4

外に出て駅に向かい、何となく違和感があるものの、

それが何かがまったく分からない。

Eさんはその後もはっきりと原因の判らない違和感を持ったまま過ごし、

いつの間にか違和感も忘れ去ってしまった。


Eさんが勤務する会社の社長室で社長が、

Eさんの上司から報告を聞き満足そうに微笑んだ。

「彼は、その後まったく気付かずに過ごしているんだな、うまく行って良かった。」

「そうですね、やはり一月や二月ではなく丸1年かけたのが良かったようです。

彼は丸1年経っている事に気付かないままで過ごしてます。

やはり忙しいサラリーマンは曜日の感覚とか何月かは、

はっきり把握していますが、年数とかは曖昧になりやすいですし、

日付も1日2日であれば、自分の記憶違いと思い込んでくれます。

それに、流行にも疎いですから1年ぐらいのずれはあまり感じないみたいです」

「うむ、しかし彼が息子のドナーとして型が一致したのに、

骨髄移植をしり込みして断ってきた時は、殺したいくらい憎く思ったよ。」

「まったくです、しかしドナー登録しておきながら、

いざとなると怖くなってしり込みする人は結構いるみたいですから、

彼ばかりを責めるわけにも行かないでしょう」

「そうだな、結局彼の骨髄を移植して、息子は助かったんだから。

それにしても君が上手い方法を考え出してくれて助かったよ」

「人の命がかかっていましたから、無理やり移植させて後で

訴えられても困りますから、ならば彼に気付かれずにやるしかないと考えて、

まあ、結果うまく行ってくれて良かったです」

「しかし、彼は本当に1年間の記憶もなくなっているのかな」

「はい、それは大丈夫みたいです。1年間寝たきりにはできないので

スポーツジムで運動させたりもしましたが、そのたびに酒を飲ませて

酔わせていい感じにしていたので、全て夢の中の出来事と感じているみたいです」

「酒に酔わせていい感じにさせていたのか」

「はい、いい感じに出来ました」

-END-

フリーエリア
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード