fc2ブログ

「全休日」-6

空港待合室に戻り、どこか横になれる場所はと探すが、

そこら中にソファーが並び、横になるだけならば何処でも良いと分かると、

より寝心地のよさそうな場所を探し始める。

空調は停止しているので、深夜になるにつれて冷え込んでくるから、

毛布の一枚ぐらいは欲しくなる。

2人とも荷物だけは目的地の空港に送られているみたいで、

手荷物としてノブオは小さなセカンドバックを、

ナミはショルダーバックを持っているだけで、着替えなどは無く、

上に羽織れる物も無かった。

なので少しでも暖かい場所、

外の寒気がやってこない場所を探し、階段を登った。

二階には事務室しかなくて、どの部屋もしっかりと施錠されていた。

仕方なく一階に戻ると出発ロビーに行き、

空調のスイッチを探してみた。

空調機は元電源を切られているのか、

空調機自体のスイッチをいじっても無反応だった。

電源の場所はさすがに見つけられず、

結局肌寒いロビーで少し、うとうとしただけで夜明けを迎えた。

日が昇り明るくなっても、人っ子ひとり現れる事はなく、

2人の不安が更に高まる。

日が昇り明るくなった所でもう一度空港施設内を見て回る。

2人きりの不安と心細さから、

離れ離れで手分けして人を探すという考えは、

まったく思い浮かばない。

二人連れ立って建物の中を一周し、誰も居ない事を改めて知った。

夜間の間だけ人がいなくなるのならまだしも、

夜が明けてからも誰も居ないのは異常だ。

時計を見るともう午前9時を過ぎている。

空港の外に出てみても、誰かがやって来る様子が無い。

バイオハザードの言葉が2人の脳裏を通り過ぎる。

全休日を知らない2人には、何らかの事故の類としか考えられなかった。

フリーエリア
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード