fc2ブログ

「全休日」-7

「まさか、本当にバイオハザードなのかしら」

「それって、空港周辺で何か細菌がばらまかれて封鎖されているとかって事」

2人は顔を見合わせて、がっくりと肩を落とした。

「とにかくここに居てもどうしようもないみたいだ、どうする」

「でもまだ朝早いって事ないかしら、

この国では働き始める時間が遅くて、

みんな昼頃にならないと動き出さないとか」

「確かに、この国の習慣は分からないから、

もしかしたらそんな事もあるかもしれないけれど」

それから2人いろいろと話し合うが結論が出ない。

そのうち時間は過ぎて昨日の夜も食事抜きの2人は、

空腹感に悩まされ始める。

「とにかく近くの街まで行けば何か分かるかもしれない、

少し歩くけど行って見ないか」

ノブオは、誰も人が居ないことへの不安に加え、

空腹を満たしたくて、じっとしているのが耐えられなくなってきた。

「ええ、でもどちらに向えば良いのかしら。

じっと待っていた方が良くないかな」

ナミは人が居ない事への不安や空腹もあるが、

それに加えて知らない国に居る事の不安が大きかった。

だから、あまりうろつく事をよくないと感じていた。

女性の感は当たるのに、ノブオは理屈で押した。

「たぶん、そのうち誰かがやって来て営業再開するにしても、

この道かあっちの道を通ってやってくるはずだから、途中で出会うはずさ。

だから、ここでこのままじっとしているより、

どちらかの道を歩いて街へ向かった方が、より早く誰かに出会えるよ」

ナミもこの言葉に納得し、「でもどちらへ進むの」と問い返した。

フリーエリア
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード