fc2ブログ

「宇宙人のタイムトンネル」-9

しっかり準備を整えて、宇宙人の計算機でタイミングを計り、

いざ未来への旅に出発だ。

タイムトンネルに飛び込む。

そしてひたすら歩く。

4050年分未来へと歩く。

歩いた時間は、感覚的には数分間だと思うのに、

もうトンネルの出口が見えてきた。

50年後の未来はどんな世界になっているのだろう。

期待に胸を膨らませ出口へと向う。

トンネルの出口にはカレンダー機能付きの時計を置いてきたから、

出口で時計を確認すれば直ぐに成功か否かが分かる。

一歩トンネルの外に踏み出し、外の世界を眺めると、

確かに未来に来たのだということだけは直ぐに分かった。

最初にトンネルに入る前に設置した柵が、結構古びたものになっている。

直ぐに時計を確認した。

計算どおり約50年後の世界だった。

柵の扉を開け周囲を見回す。

私の屋敷もずいぶん古びてしまっていた。

屋敷の周りは私の家の庭だから、

管理を任せた弁護士に、

この敷地内は手を付けるなと言ってあったのだから、

手入れされずただ古びただけなのは当然だ。

何となくだが、

未来に来たのにその場所が古びていると過去に来てしまったような気分にさせられる。

とりあえず、屋敷の中に入り荷物を置いて浴室に向う。

3日間森の中で過ごし、

風呂にも入っていない髭もじゃの姿で、未来の街に出かけるわけには行かない。

過去から原始人がやって来たなどと言われて、馬鹿にされたくはない。

今の時代の最新ファッションなどは分からないし、

屋敷に置いてある訳がないが、

身奇麗な格好であれば野蛮人などとは思われないだろう。

入浴を済ませ身支度を整えて出かける準備をする。

フリーエリア
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード