fc2ブログ

「幸運」-4

テレビを点けてバライティーの気楽そうな番組を探す。

心が休まりそうに無いと思い、パソコンで単純なゲームを始める。

眠くなるまで続けて、深夜一時を過ぎてベッドにもぐりこんだ。

無理やり楽しい事を想像し眠気が訪れるのを待った。

 気が付くと、窓の外が明るくなっている。

人間こんな時でも眠れるものだと自分に感心する。

朝食はやめておく。

歯磨きの後シャワーを浴びて髪を乾かし、暫らくテレビの画面を睨んでいた。

 時間は無常に過ぎて行く。

私はテレビを消して立ち上がり、いつもの洋服を身に着けると部屋を出た。

 テロ組織の施設と間違われている場所は、

いろいろな行事に使われる多目的ホールであり、

いろいろな人が出入りする中で、

たまたまテロ組織のメンバーの集会が行なわれた事が有った。

 テロ組織には容赦の無い大国は、

テロ組織の集会が行なわれた施設を、テロ組織の溜まり場と決め付けて、

きちんと調査することもせずに攻撃を決定した。

この国の政府への警告を行ないもしないで。

この国との無理やりな条約を根拠として。

 昨日の陽気とあまり変わりの無い過ごしやすい天気に、

つい自分の任務を忘れそうになる。

     ★

 僕がなぜ今まで生きてこられたのか、たぶん皆に生かされている。

そんなふうに思うのは、自分がなかなか運がついていると思うからだ。

ついているというのも、

特に幸運が舞い込んで金が儲かるなどと言う事ではなく、

何があっても生活に支障が無いという意味だ。

 僕が住むこの国も今は平和そのものだけど、

数十年前には大きな戦争を経験している。

そんな戦争のさなかに生まれなかった事も幸運だと思うが、

この国には戦争よりも恐ろしいかもしれない災害が多発している。

 
フリーエリア
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード