fc2ブログ

「さまようコンビニⅡ」-1 

 地球からはるか遠く離れた星で生まれた精神生命体。

地球人類の科学力をはるかに凌ぎ、

人類の理解を超越したまさに神のような存在。

数十億年の退屈な旅の末に、地球に到着し自我を持つ人類を発見して喜んだけど、

精神力の弱い人類とではまともに会話も出来なかった。

退屈した神のような存在の精神生命体は、

人類をからかって遊ぶ事を思いつき、コンビニを作る事にした。

 悪戯で作ったコンビニ。

どこのコンビニも似たり寄ったりだから、

どこのコンビニでもありどこのコンビニでもないさまようコンビニを生み出す事にした。

 出来上がったコンビニは、いろいろと面白い事件を巻き起こす。

そして、いろいろと面白い噂話の元になった。

     ★

 腹が減った。

そう思ってもわずかな金しかもっていないから、食べ物を買う余裕は無い。

目の前にあるコンビニには沢山の弁当が売られていて、

賞味期限が近付けば廃棄してしまうというのに、

私の持っている金ではまともな弁当を買う事も出来ない。

今もっている金では缶ジュース一缶か、パンをひとつ買うくらいだ。

 店から店員が弁当をのせた台車を押して出てきた。

店の裏手に回るとそこに置かれていた大きなゴミ箱へと弁当を捨てている。

 チャンスだ。

弁当を手に入れるチャンスが来た。

店員が空の台車を押して店内に戻るのを待って、

店の横のゴミ箱へと向う。

ゴミ箱の中には美味そうな弁当が色々と放り込まれていたから、

どれを手に取るか迷ってしまう。
フリーエリア
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード