fc2ブログ

「幸運Ⅱ」-4

 一言ずつの言葉が会話の始まりとなり、

暫くすると完全にうちとけて、互いに自己紹介まで済ませた。

「まだ独身なんですか、私もですよ」と言う今井孝彦は、

ちっとももてないと言うが、男の俺の目から見るとそこそこのイイ男に思えるし、

仕事もきちんとした硬い会社のサラリーマンだから

恋人がいない理由がよく分からない。

「もてないというより単純に運が悪いからではないですか」

と言うと今井は少しむっとした顔で

「いやあ、私はこれでも結構運が良い方なんですよ」

と言い返してきた。

「まあ、運にも色々有るのでしょうが、私はかなり運が良いと信じてましてね、

たぶん恋人が出来ないのも必要ないからだと信じてますよ」

「はあ、そうですか。俺はあまり運が良い方ではなくて、

最近仕事も上手くいかなくてこれからどうしたものか悩んでいるんです」

俺はかなり弱気になっていたから、自信たっぷりな今井をうらやましく思い、

嫉妬したと思う。

 俺より先に来て飲んでいた今井は、

俺よりもかなり酔いが回っていたのだろう。

その後も運が良い事を自慢するような話をさんざん聞かせてくれた。

俺はかなり嫉妬したし、

鬱陶しいと思い何か、彼の運の悪さを示すような事をしてやろうと考えた。


 仕事が無くて暇をもてあましていた俺は、

今井孝彦の身辺調査から始めた。

 直ぐに去年妹が結婚し、

その結婚式が行われたのが俺が仕事でしくじった施設であり、

俺が眠らせるターゲットとしていたのが、今井達だった事を知った。
フリーエリア
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード