fc2ブログ

「金持ちになった男」-8

 自分の給料には興味が無いから、

会社の利益にも興味がわかず、

社会貢献と言う言葉に魅力を感じた。

熱心に仕事をするという気持ちは無く、

仕事より世の中の役に立つ事は何かを考えていた。

前の上司と違い新しい部長は、

この部署での仕事になかなか慣れなかった事もあり、

私の仕事ぶりに対しては何も文句を言わなかった。

だから、私も仕事の殆どを部下任せにしてのんびりと過ごす事が多くなった。

 本来課長というものは管理職なのだから、

自分が仕事をこなす事に集中しているより、

部下に仕事を任せている方が正しい在りかたなのかもしれない。

なぜか上司からの評価は悪くなかった。

 いつ首になっても良いという気持ちがあるから、

決して上司に媚を売る事はしなかった。

それが良かったのか、

部下からは信頼されるようになった。

信頼にこたえるような仕事はしていないのに、

頼りがいが有るかのように見えるらしい。

 仕事の方は、

宝くじに当籤してからの方が順調に推移しているが、

私生活の方は一向に良くなっていなかった。

 大金を手に入れているのだから、

立派な家を手に入れるとか、

趣味に金をつぎ込むとか、

私生活を充実させる事もいろいろ出来るはずなのだが、

大金をつぎ込むような趣味は持っていないし、

住処よりも一緒に住む家族を作る方が先だと考えていた。
フリーエリア
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード