fc2ブログ

「広い家に住む為に」-10

 両親を一度に亡くしてしまったような気分で、

自暴自棄になったと思う。

少しずつ酒を飲む事が多くなり、酒で給料を使い果たすようになり、

せっかく勤めた会社も首になってしまった。

それでも金がなくなるとそれ以上飲み歩く事はせずに、

一旦真面目になってアルバイトなどで金を稼ぎ一応生活を立て直す。

しかしそんなことが長続きするはずも無く、

二十六歳の時にとうとう借金するようになり、

あっという間に破綻してしまった。

 借金に対する知識なども無かったから、

破綻と言っても自己破産などの手続きが出来たわけではなくて、

夜逃げしただけの事だ。

 夜逃げして、金もなく頼る当ても無い身では、

飲み水だけは飲めても、食べ物は手に入れられなくて、

二日間空腹のまま街をさまよった。

ぼんやりと空を眺め、

思えば最初の会社で転勤を断わったのが失敗だったと考えた。

今更どうにもならないことだけど、

借金までして酒を飲みに出かけなければと悔やんだ。

あの頃からやり直せたらどんなに幸せだろうと思っが、

今更どうする事も出来ないと思い死ぬ場所を探し始めた。

 人通りの多い場所では簡単には死ねないから、

人があまり居ない場所で自殺しやすい場所を探そうと考えたと思う。

良く分からないが大きな河の土手の上をとぼとぼと歩いていた。

丸二日以上食事をしていなかったから、

足元はかなりふらついていたと思う。

 ふらふらと土手の端の方に近づいてしまい、

ふらふらと足を踏み外してそのまま倒れて土手の下まで転がり落ちてしまった。

立ち上がる元気も出なかった私は、そのまま倒れたままでいた。
フリーエリア
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード