fc2ブログ

「広い家に住む為に」-14

 ビニールシートの隙間から、そーっと手を差し込み財布を手に取る。

眠っているおじいさんは気付かないでいてくれる。

手に取った財布から千円札を二枚抜き取り、財布は元の場所に戻しておく。

静かに気付かれないようにそーっとその場を離れる。

 今までどんなに貧乏でも、盗みは働いた事がなかったが、

ついに他人のものに手を出してしまった。

これも死ぬ気になれば何でも出来るという事だろう。

 死ぬ気になればなんて、犯罪を犯すときに使うべき言葉では無いだろう。

けれど実際死ぬ気になったから出来たのが犯罪だった。

 僅か二千円だが、宝くじを千円分購入し、食べ物を購入し数日は生きられる。

腹ペコだったがまず宝くじを手に入れる為に、駅前に向った。

土手の上から土手沿いの道へ降りて、大通り沿いの橋の下の道を駅の方へ向う。

 徐々に人通りが増えて、

いやな目でみられている気がして早く用事を済ませて人の居ない場所に行きたかった。

一週間以上風呂にも入っていなければ顔を洗う事も歯を磨く事もしていない。

髪はぼさぼさだし、髭も伸びている。

 幸い駅前から少し離れた場所の通り沿いに、目的の宝くじ売り場があった。

ジャンボ宝くじとかの発売日ではなかったのだろう、売り場の前には誰も居なかった。

 千円の軍資金で購入可能な宝くじで、

希望する金額以上が当選する可能性があるものは三種類あった。

地域の自治体が主催なのか一枚百円で一等当選金一千万円の自治宝くじ、

一枚二百円で一等当選金最高四億円のロト6。

そして、一枚三百円で最高賞金六億円のtoto BIG。

だが、私のような身なりの人間が買いやすいのはやはり普通の宝くじだ。
フリーエリア
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード