fc2ブログ

「永田町」-5

 僕が「まあ、ここも都心なんだから、天変地異って程のでかい隕石なら、

地響きとかで分かるだろう」と冷めた感じで返すと「つまらんヤツだ」と怒る。

 テロップの内容は東京都心に隕石落下というものだったが、僕と同じように、

どうせ大した隕石ではないだろうと考えた人達が殆んどだったのだろう、

大騒ぎする者はいなかった。

しかし、その後ほんの一~二分の後、バラエティー番組はニュース番組に切り替わり、

隕石落下のニュースを報じ始めたから、食堂内もちょっとした騒ぎになり始めた。

「おい、国会議事堂を直撃だって、半径一キロが吹き飛んだって、

これはかなりでかい隕石だぞ」と再び嬉しそうに話しかけてくる近藤。

「そうだな、だけど国会議事堂辺りにそんなでかい隕石が落ちれば、

この辺りでもそれなりに轟音とかが聞こえてきそうなものなのに、

何でだろう」と不思議がる僕。

「僕らが聞き逃しただけなのか、

それともそれほど大きな音がしないものなのかもしれないな」

「或は、デマかもな」

「デマって、テレビのニュースなのにデマってことも無いだろ、

のんびり食事なんかしてて良いのかな」

「まあ、デマでは無いにしても、

テレビの事だからかなり脚色して大げさに言ってるのかもしれないな」

「はあ、そうですか、つまらない男だよ、妙に冷静で。

君のような男は危険が目の前に迫らないと動かないのだろ。

そして、危険と分かると途端に大騒ぎを始めて周りに迷惑をかける」

 近藤が何を根拠に迷惑をかけると言うのか良く分からないが、

大した問題でもないのに大騒ぎするほうが迷惑だろうと思いつつ、

思うだけに留めて「でも、国会議事堂くらいはつぶされてるかもしれないな、

現場の映像は出ないのかな」とだけ言う。
フリーエリア
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード