fc2ブログ

「永田町」-21

 鈴木のマンションは高層マンションだが、

周囲には高層ビルも多いし、永田町の周辺であれば超高層のビル群もあるから、

方角的に丁度良い場所でなければ、魔王の姿などは見られないだろうと思っていた。

だが、さすがにお金持ちの住む高層マンションの展望室というものは格が違う。

超高層ビル群からも十分に離れているから、結構広範囲の景色が見渡せた。

 こんな素晴らしい景色が見られると分かっていれば、

もっと早くに鈴木の家に遊びに来て居ればよかったのにと思う。

 展望室には展望室からの眺めを写した写真に主な建物などの名称が

書かれたパネルも掲げられていて、永田町の方向も直ぐに分かった。

そして、魔王がいる場所も直ぐに分かった。

 魔王そのものは身長十数メートルらしいので、

この展望室からでは見えなかったが、魔王の周囲は薄暗くなっていて、

見える景色の中に空までも薄暗い場所がはっきりと見分けられた。

 あの場所に魔王が存在するのだろう事は分かる。

付近には巨大な瓦礫も散在しているから間違いないだろう。

 大学の校舎の方を眺めると、

焼け爛れたコンクリートの残骸のような建物が見える。

火災が無ければ校舎の周囲は、校舎よりも背の高い樹木に覆われていて、

今の時期緑が美しいはずだが、残念ながらそれらの樹木も殆んど全て燃え尽きていた。

 永田町方向に向う幹線道路上に自衛隊のものだろう装甲車や戦車、

そしてミサイルらしきものを搭載した車列がゆっくりと動いていた。

 午後からの魔王攻撃の準備で魔王の近く、

魔王がその目で捉えられる場所へと向っているのだろう。

戦車だのミサイルだのにそれ程興味があるわけではないが、

テレビの特撮ものなどで見るそれらの攻撃は、まるで花火のように華やかな印象がある。

この展望室からであれば普段絶対にみる事の出来ない

自衛隊の攻撃の実物が見られるかもしれない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード