・首相が相手にされないのは、

 首相が国際会議の場であまり興味をもたれていないという事は、

日本は安心だという証拠だ。

 野田首相の国連での演説の時、退席者が多かったとニュースで言っていた。

日本の首相に世界はあまり興味を持っていないのだと残念がっていたけれど、

実は喜ばしい事ではないかと思う。

 興味が無いのは、日本は何も問題が無いと思われているからだろう。

つまり、日本は安心なのだ。

日本は何も良い事はしないから興味を持たないのではなく、

何も悪い事をしないから興味をもたれない。

もし良い事をするのだとしても、良い事しかしない国が何を言うかなんて、

必死で聞く必要が無い。

興味があるのは悪い事をするかもしれない国、不安がある国だけだと思う。

だから、アメリカの演説は皆必死で聞く。

日本は決して悪い事をしないし、経済的な不安も無いから、

後で要点だけまとめて聞けば良いと言う事になる。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

世界から注目されないことは問題ないってのは同感です。

でも、野田さんが首相って、日本国民としてはなんとなく心細い感じがしませんか?

今までの首相も、小泉さん以外は一年前後の短命政権ばかりでしたが、その中にあっても「本当に大丈夫ですか?」って思っちゃいます。

フリーエリア
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
最新コメント
商品案内
Amazonは全品無料配送キャンペーン中。ロープライス品は送料に注意。インクの再生品(ロープライス)は送料無料。
検索フォーム
QRコード
QRコード