・最近思うこと。

 最近のとある国の政治家達は、

有識者とか財界人とか知識人とか、

ただの人でも政治に関われる程度の金と時間のある人たちの中で、

一番政治に向いていない人達なのではないかと思う。

政治家なのに政治と言う行為には向いていない。

人の話や意見を聞く能力が無いとか、判断したり考えたりする能力がなくて、

思い込みで頑固に事を進める人達。

 とある国の政治家が持つ能力は、

政治家になる為の能力なのだろう。

けれど、政治に必要な能力を身につけているとは思えない。

たぶんどこかで制度とかシステムとかがおかしくなって、

政治の能力がなくて、

政治家になる能力が有る人ばかりが政治家になってしまっているんじゃないか。

そんなふうに思える。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

知識の多さは良い事だけれど、反対から見ると、先入観のかたまりとも言えますよね。

自分の把握している知識の範囲内でしか物事が判断できない。
一見、幅広い意見を持っていそうだけれど、事の真実に関してなど、重要な側面に対する思考能力が偏りすぎているため、安直な判断しかできない。
なので、思考の展開がワンパターン。
つまり、新しい発見や見込みができないという事。
物事を、情報や読書量だけで判断してしてしまう危険。
自身の見てきたものとか、感で推測し考えてみれば、いろいろな事の側面が見えてくるはずなのに、それすらできない先入観のかたまりになっている。
そして、そういう事実すら気付いていないから始末が悪い。

政治には向いてないと、私も思いますねー。

深く考えられる人、遠くを見られる人、全体を見られる人、そういう人が少ないですね。
なんか悲しい。。。。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
リンク
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
最新コメント
商品案内
Amazonは全品無料配送キャンペーン中。ロープライス品は送料に注意。インクの再生品(ロープライス)は送料無料。
検索フォーム
QRコード
QRコード