fc2ブログ

ちょっと物語3-前半

「落ちていたライター」-前半

夕方の散歩道、散歩の為家を出たときは、まだまだ明るかったのだが、

少し道に迷い、はじめて通る道に差し掛かった頃には、すでに薄暗くなっていた。

時刻も午後7時近くになっていて、少し歩き疲れていたせいで、うつむき加減で歩いていた。

うつむいて下を見ながら歩いていたので、薄暗い道でも落ちているライターが目に付いた。

いつもなら、落ちているものなど、現金ででもなければ拾わないのだが、

ライターに高級感が感じられて、つい拾ってしまった。

ライターは、金属製のオイルライターで、表面にはイニシャルらしきアルファベットが

飾られていて、手にとって観てもかなり高価な感じがした。

すぐにポケットにしまわずに、そのまま手のひらに載せて眺めながら暫く歩いていたのだが、

そのとき前方から歩いてきた警官に呼び止められてしまった。

警官からの職務質問など初めてだった。

「失礼ですが、どちらにお出かけですか」

「いえ、ただの散歩です、もう帰る所ですが」

「そうですか、最近この辺り、物騒な事件がありまして、警戒を強めているのですが、

少々お時間よろしいですか、お名前と、住所、ご職業をお聞かせ願えますか」

私は、少したじろいだ、何も悪いことをしているわけではないが、

警察官から呼び止められる事も、質問を受けることもなれていないし、

何か疑われているのかもしれないと思うと、妙に緊張してしまう。

「田沢博人です、細田北3丁目のマンションに住んでいます」

少し、言いよどんで黙っていると

「ご職業は」と再度問われてつい、「会社員です」と、嘘をつく。

実際には、会社を辞めて3年、株式売買で多少貯金がたまり、今はネットで稼ごうと

試行錯誤の最中だから、一般的には無職が正しいのだが、試行錯誤も仕事だと思っているので、

無職ではないし、無職と言いたくないという思いがあるのと、職務質問で無職などといえば、

何か余計に怪しい人間と思われそうで、嘘をついてしまった。

もう少し考える時間が有り落ち着いていれば、「ネットビジネスで、起業に向けて準備中です」

と正しくこたえられたのだろうが、そう答えていたら、やはり怪しく思われただろう。

そして、嘘をついたためにさらに嘘をつくことになる。

勤めている会社名を問われ、以前勤めていた会社名を答えてしまった。

そして職務質問は続き、

「煙草をお吸いになるのですか」と問われ、今度は

「禁煙して2年になります」と正直に答えた。

「そのライターは」との問い。

タバコを吸わないのにライターを手にしていることを不思議に思われたのだろうと思い、

正直に、「つい先ほど道で拾ったものです」と答えた。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード