fc2ブログ

役割分担。

不況のとき、社員を解雇したり、設備や施設を売却したりする話をよく耳にするが、

社員の解雇は人材と言う資産を、金を払って手放す行為だし、設備や施設の売却は、

不況の世の中では安売りにしかならないだろう。

設備や施設の売却は好景気な内に済ませる、人材はもっと育てて、不況のときこそ役立たせる。

そんな、経営者らしい経営が出来る人にならば、高額の報酬が支払われても当然だ。

逆に、不況だからリストラで人材も設備規模も縮小するのならば、

経営者じゃ無くったってただの平社員にだって考えつく事だ。

だって、他社の真似でしかないのだから。

不況のときこそ新しい需要をみいだし、新しい仕事を生み出せる者が、

経営者面しても許されるのであって、社員に徹夜で作らせた経営再建計画書を持って、

社員を首にしたり銀行に借金に行ったりするのは、はたして経営者の姿だろうか。

実際、新しい需要を探すなんて仕事は、

現場で地道に働く人たちしかやってないのじゃなかって思う。

会社って分業で効率化を図った組織なのだから、

各社員が自分の果たす役割を精一杯効率よく、また高品質に果たす事が

最も良いやり方の一つだと思う。

なのに、製造現場の人間に向かって、お客の声を聞けとか言う経営者がいる。

お客の声を聞き、それを商品開発部署に伝えるのは、営業の仕事だから、

営業に向かって言うべき言葉だ。

製造部門は、営業の立場とは違う立場で、世の中の需要を捉えることが大切だ。

お客と接しないからこそ分かる、お客の立場での気持ちがあると思う。

誰だって誰かのお客だから、自ら客として考えると言うことは、誰でも出来るはず。

そして、不況のとき政治家には需要を生み出す方法を考えてもらいたい。

もちろん、どこかの国の元大統領みたいに、戦争を起こして軍需を生み出すなんて事は、

決してして欲しくないけれど。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

haha

いいこと言いますねぇ 同感ですよ
組織の本当の力 可能性 プランの完成度 経営の哲学 想像力
新人育成術 社会全体 将棋のように 何手も何手も先を読まなくてはならない
トップ(まぁ 皆そうですが)はそうでなくちゃならない
需要を生み出すのは この先かなり難しいですけど(全てにおいて)
だからと言って 戦争はいいかげん止めて欲しいですね
しかし 彼らにしたらそれが純粋な正義だったりするので なんとも言えませんが
古臭過ぎますよね 反吐が出ますよ 傍から見たら‥‥ 
フリーエリア
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード