fc2ブログ

「学校で」-1/2

(良い教師もいれば、ダメな教師もいる、全ての生徒にとって良い教師などいないだろうし、全ての生徒にとってダメ教師もいないだろう。)

タカシは今日も宿題を忘れて教師から罰として正座させられていた。

教師はいつも宿題を忘れるタカシを馬鹿だと思っていたから、

宿題を忘れないようにするには、叱るしかないと考えていた。

馬鹿なタカシに何を言っても無駄で、

身体で覚えさせるしかないから、

体罰として正座させていた。

本当なら、拳骨くらいはあたえたいのだが、

暴力的な体罰は禁止されているから出来ないと思っていた。

でも、体罰である以上は正座を強制する事も禁止事項なのだが、

教師には理解できていなかった。

タカシは、休みの日以外は毎日宿題を忘れてきたから、

休みの日以外は正座していたので、すっかり正座に慣れてしまい、

ちっとも罰にならなくなっていた。

正座の出来ない教師は、正座する事がとても辛いので、

いつまでたっても罰と言えば正座と決めていた。

タカシは本当に宿題を忘れていたのでしょうか、

毎日宿題を忘れるような馬鹿な子だったのでしょうか。

タカシがそんなに馬鹿だったら、

宿題以外にもいろいろなものを忘れたでしょう。

学校への行き方まで忘れたり、行くことを忘れたりしそうですが、

そんな事は一度もありません。

タカシは宿題を忘れているのではなく、忘れた事にしていたのです。

わざとやって来ないと言えば、教師はもっと怒って、

もっと酷い罰を考えたかもしれません。

だから、タカシは忘れましたと言い切っていました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード