fc2ブログ

「顔を盗った男」-1/3

俺は今、ある男に復讐を遂げた満足感に浸っている。

ヤツは、KT、32歳、高校の同級生だった、

高校3年間で2年生の時の1年間だけ同じクラスだったが、

特に親しい訳でもなく、嫌ってもいなかったはずだ。

だが、一浪して大学を卒業し、就職したMN工業という会社に、

1年先輩としてKTがいた。

歳は同じでも、新入社員にとっては1年の差は大きい。

当然、KTに対しても敬語を使わなければならなかった。

それでも、私生活で問題が出て来なければ、何とかなっていたと思う。

同期入社の者同士は、研修期間の間に、たいていは仲良くなるものだが、

俺も同期で入社した短大卒の女子社員と仲良くなり、付き合うようになった。

しかし、KTもその彼女に惚れたらしく、俺と彼女の仲を嫉妬して、

俺に嫌がらせをするようになったのだ。

入社してまだ社内の事情にも、仕事内容にも不慣れな中で、

直属の先輩から嫌がらせを受けたのでは、たまったものではない。

職場内で何かあれば、何でも俺のせいにされてしまった、

KTは俺をかばうような言葉を発しながら、俺がどのような失敗をしたか、

事実を捏造して、周りの人間や上司に話し、俺が反論する余地を与えなかった。

気付くと、社内で俺のみかたは誰もいなくなっていた。

彼女でさえ失敗続きの俺に呆れて、避けるようになってしまったのだ。

俺は入社3ヶ月で、ぎりぎり研修期間中というところで、

正式採用前だからと、一方的に解雇されてしまった。

それだけでも十分ヤツを恨み、呪い殺したい所だが、さらに俺の悲劇は続いた。

たった3ヶ月で解雇された俺の職歴の傷は、就職難の時代致命傷で、

再就職の可能性がほとんど無くなっていた。

履歴書に嘘を書いたとしても、大学卒業後就職しなかっただけで、

ニート扱いで、門前払いに会い、正社員としての就職は諦めざるを得なかった。

俺は、その後コンビニのバイトなどで細々と暮らしながら、復讐心を暖め続けた。

MN工業と言う会社は、一般的には大企業とは思われていないが、

それでも社員数1000人を超える中堅企業で、日本全国に支店と営業所があり、

工場も群馬と静岡の二箇所があった。

KTへの復讐のため、バイトの少ない収入から出来るだけ貯金し、

KTの動向を知る為、同期入社で仲良くなっていたFMとの付き合いを続ける為に、

努力した。

FMは、俺とは配属先が違っていたので、俺が退職させられたときも、

退職に至る事情を外から見ていた感じなので、俺からの説明でみかたになってくれた。

8年後、KTの父親が亡くなった事で、ある計画を思いついた。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

初めまして! 面白いですね♪ 次が楽しみです。
今後も頑張ってください!
フリーエリア
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード