fc2ブログ

「無敵なヤツ」-4/4

ヤツは面倒だけれど、車を破壊するのはどうかと思い、

車を避けてそのまま進んだ。

何を考えたのか車の運転手は、一旦車を後退させ、

勢いをつけてヤツに向って突進した。

次の瞬間ヤツの手前で車はぶつかったように止まり、バンパーがへこみ、

運転手と助手席の男はエアバックに顔をうずめた。

次に小型の戦車がヤツの前に立ちふさがった。

ヤツは車の時と同じように戦車を迂回しようとしたが、

小型の戦車は小回りが効き、ヤツの進む方向に動いて道をふさいだ。

ヤツは仕方なく戦車を押しのけて進んだ。

戦車は破損し動けなくなった。

広場の入り口に差し掛かったヤツに向けて、

動けなくなっていた戦車が砲弾を発射した。

ヤツの直ぐ後ろに砲弾が転がり、

ヤツはそんなもの無視して広場の中央まで進んだ。

その時、軍人たちが、対戦車用地対地ミサイルを持ち出してきた。

それを見たヤツは大急ぎでその場を立ち去った。

別にミサイルが怖いわけではないが、

街中でミサイルなど使えば多くの怪我人が出てしまうと考えたのだった。

ヤツはそれからも、いくつかの街といくつもの集落に出現し、

代表者にあわせろと言い、

会えれば武器を捨てろと言って回ったが、

結局最後は彼らにとって危険な武器で狙われて、

彼らの身の危険を回避する為に、素早く立ち去るだけだった。

ヤツに対して武器は無力だけれど、ヤツの心に対しては、

人を傷つけたくないという思いに対しては、

武器はやはり強力な武器だった。

もし、ヤツの心まで無敵だったら、平和が訪れたかもしれない。

だが、ヤツは大勢の犠牲者を出しただろう。

平和のために無敵の武器を持てば、平和は訪れるのだろうか。

無敵の武器を持つ者の心が壊れたら、

沢山の犠牲者が出るかもしれないのに、

平和といえるのだろうか。

結局何の武器も力も持たない、支援団体の草の根的な支援活動が、

この国に平和をもたらす事に成功する。

飢えや貧困から抜け出し、守るものが生まれると、

恨みに固執していた心にも、平和を願う心が生まれるのだろう。

-END-

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タッチで退却! やわらか戦車

タッチで退却! やわらか戦車の最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「タッチで退却! やわらか戦車」へ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
フリーエリア
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード