fc2ブログ

「何か」-5

私が怪しい態度を取れば取るほど、

警官は自信を持って無理やり調べようとするだろう。

任意の捜査だからといって、怪しい者を調べないで開放する事だけはなさそうだ。

それに、相手がか弱い女性一人ならば、

いざとなればどうとでも出来ると思っているだろう。

そう考えると悔しいが、抵抗しても無駄なのかもしれない。

別の警官が入れ代わりに説得してくるのを無視しし続けていると、

また最初の警官が話しかけてくる。

じっと耐えているのにも限界がある。

相手は仕事だから簡単にはあきらめないだろう。

車の中に閉じ込められてじっとしているのにも、いい加減飽き飽きしてきた。

「貴方、トランクの開け方は分かりますか」と問いかけると、

「やっと、あける気になってくれましたか」

とニコニコしながらトランクの開け方を指導してくる。

トランクの開け方ぐらい知っているに決まっている。

ただ、話しの流れでトランクの開け方が分からないと言ってしまっていたから、

仕方なく尋ねただけだ。

嬉しそうに説明する警官に腹が立つ。

そして、トランクは開き、中に何も無いことを確認すると、

やはり警官たちはがっかりして立ち去っていく。

トランクを閉めて、運転席の横にやって来た警官が、

「御協力感謝いたします」と皮肉たっぷりな感じで言ってさらに、

「何も無いのになぜ直ぐに開けなかったんですか」と言ったので、

私は思いっきり嫌な顔をして「何か」とだけ言って窓を閉めた。

何か文句があるのの『何か』だし、何か問題があるのの『何か』でもある。

週末の仕事終わりのこの時間は、ミステリー好きの私の妄想タイム。

たまたま昔の男を殺して遺体を始末する妄想で楽しんでいたのに。

せっかくトランクに遺体を詰め込んでいると妄想していたのに、

トランクを開けて中に何も無いと確認するなんて、

なんて嫌な警官なんだろう。

腹が立つ。

-END-

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

感想

ついつい引き込まれてしまいましたf^_^;
どうなるのかと思いましたが、
何とも日常に近い結末で、
面白かったです♪

今後も期待です!

初めまして^^

「何か」シリーズ(?)は、とても良かったです^^
警察官の態度は、本当に腹が立つ時がある。
ちゃんと言葉を知っている警察官も居るんだけどネ。

これからも、読み逃げで_"_)>よろしくです。

よかったです!

このオチいいですね!
なぜか共感してしまいました。
フリーエリア
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード