fc2ブログ

「やめるなら」-7

退職について、会社側は一ヶ月の猶予期間をくれたが、

私は未取得の代休と有給を使い、一ヶ月全てを休暇にした。

「何でも屋」にも連絡し、入社後の勤務地などを確認して、

新居を探し引っ越した。

それでも、正式に入社が決まるまでは、いろいろと悪い想像をした。

「何でも屋」と会社が結託して、私を退職させる罠を仕掛けたのではないか、

入社しようとして「何でも屋」に出向くとすでに倒産した後だった、などの悪夢だ。

会社からは退職に伴いさまざまな書類が渡された。

その中に雇用保険の離職者票があり、

離職理由が事業主からの働きかけによるものとして事業主の都合と記載されていたので、

これを証拠書類として「何でも屋」に提出し、正式採用の連絡を待った。

3日後に「何でも屋」から、入社についての話し合いがあるので、

明日来てもらいたいと連絡が来た。

話し合いとはどういう意味だろうと思ったが、

いきなり不採用などとは言われなかったのだから、大丈夫だろう。

幹部候補になるかどうかの話しだろうと期待しながら、翌日を迎えた。

話し合いには「何でも屋」の専務と名乗る人物と、

面接でも会った人事部長と人事担当の係長の3名と私の計4名で行なわれた。

退職に至る経緯を聞かれ、一通り説明した後さらに、

怨んでいた相手にどの様に仕返しをしたかを説明した。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード