fc2ブログ

「サイボーグ」‐2

手術の手順として、

まだ使える臓器でも人工物との兼ね合いで切除しなければならないから、

長時間の手術が必要で、長時間意識不明のままにする為の、

特殊な麻酔を施したらしい。

ただの睡眠状態では、夢の中で苦しむ可能性があるから、

脳死に近いぐらいの意識不明状態にしなければならなかったらしい。

だから、事故から3ヶ月間、少し前に意識を戻すまでの記憶がまったくない。

夢を見ていた感覚すらない。

手術は大成功し、意識不明の状態のままで、

末梢神経の接続や人工身体の操作のリハビリを受けさせられていたらしい。

眠っている間にリハビリまで完了していたから、意識を取り戻すと同時に、

退院できるまでに回復していたということだ。

体の殆どの器官が人工物に置き換えられたらしい私は、

完全にサイボーグなのだろう。

しかし、身体能力は実生活に影響が出ないように、

極力普通の人並み以下にしたそうだ。

そして、痛みとか苦しさとかを感じないと、

怪我をしても気付かずに出血多量で死んでしまう事になるので、

普通の人並みに感じるようにしてあるそうだ。

普通の人並み以下ではなく人並みと言うのが引っ掛る。

痛みなどは弱めにお願いしたいところなのだが普通にされた。

問題は、今後のケアの方だ。

人工臓器の人工身体は、非常にデリケートなものらしく、

基本的に、急に激しい運動はしない事だとか、

酒タバコは止める事だとか、意外に厳しいものがある。

一応列挙してみると、

まず食事だが、栄養のバランスを考えて、

肉と魚と野菜にご飯やパンなどの炭水化物を適度に組み合わせ、

高コレステロールの脂肪の多いものは避けて、塩分や糖分の取りすぎにも注意し、

カルシウムなどのミネラルの摂取も心がける事。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード