fc2ブログ

「タイムトンネル2」-3

Y主任は物理の専門家で、生物とか化学とかは専門外だから、

はっきりとは分からないが、何となくは分かるつもりだ。

うまくいけば医薬品業界だけでなく、

バイオテクノロジーを使った新しい医療分野が開けるかもしれない。

例えば、臓器移植をするのに、

自分の臓器のまだ健康な部分の細胞を取り出して、

タイムトンネルで高速培養し、移植用臓器を作り出す。

人の生命にかかわるとなれば、

費用が多額でも有益と思ってもらえるだろう。

タイムトンネル内は、空間が無限に折りたたまれたような状態になり、

内部に置かれた物体から見ると、光速は何倍にも早くなった状態になる。

あくまでタイムトンネル内の特殊な場の現象だから、

外から見ている分には、光はやはり光速のままだ。

つまり、外の時間より内部の時間が早くなる。

今までの実験で、ある程度の大きさの空間内では、

理論どおりの結果が出ている。

問題は、ミクロの世界でもちゃんと時間が早くなるのかどうかだ。

だから、細菌の増殖速度で確認する。

Y主任は、物理の専門家で、生物学は専門外だけれど、

寒天培地でカビ菌を培養する方法ぐらいは知っている。

殺菌したシャーレに培地となる寒天を敷いた物に、

アオカビの胞子を軽く塗った物を20枚用意した。

10枚はタイムトンネル内に、

残り10枚はタイムトンネル内と同じ温度の場所に保管し、

カビの成長を比較する。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード