fc2ブログ

嘘が1つ見えた気がする。

郵政民営化のデメリットとして掲げられている事に、

会社を分割したからサービスが低下したと言うのがある。

しかしこれはきちんと民営化されていないから起こっている弊害に過ぎないと思う。

何か官僚的と言うか公務員的と言うか、

縄張り意識的な発想があるせいでは無いかという気がする。

田舎では郵便配達人が郵貯簡保の仕事も兼ねていたから、

配達のついでにお金を預かる事が出来たのに、分割民営化されて、

郵便と貯金と保険が別会社になったから出来なくなったというけれど、

嘘だと思う。

別会社でも委託は出来るのが普通の会社。

しかもグループ内の会社同士で仕事の委託が出来ないというのはおかしな話だ。

現に対策は配達をする会社と窓口の会社をひとつにまとめるというものだ。

郵便局会社は他の会社の委託を受けて、

郵貯も簡保も郵便物の取り扱いも行なっているから、

これと郵便事業会社をひとつにすれば、

配達する人が窓口の業務も出来るという発想なのだろう。

でも、委託を受ければ良いのだから、

過疎地の郵貯や簡保の集金業務の委託を郵便配達をする会社が受ければ済む事で、

配達の会社と窓口の会社が別会社だから起こる問題ではない気がする。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おっしゃる通り

公務員しか経験の無い人ばかりで、民間会社になる事なんて無理な話です。。。
特に上層部は、全て公務員・官僚ですヨ。。。

フリーエリア
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード