fc2ブログ

「満員電車の攻防」-2

駅に到着すると、いつもより早く到着したのに、

いつもより混んでいる事に不満な気持ちを持つ。

何だよ、早く来たのに混んでいるなんて、何だか騙された気分だよ。

もっと早くないとダメって事かな。

などと思う。

ホーム上は電車を待つ人の列が出来ていた。

仕方なく出来るだけ人の少なそうな列の後ろを選んで立つ。

暫らくすると自分の横や後ろに次々人が立ち並ぶ。

早く電車が来ないと、全員電車に乗れなくなる程の、

混雑になるではないかと心配し始めたとき、

やっと電車の到着を知らせるアナウンスが流れた。

到着する電車が空いている事を願う。

せめて自分が待っている車両の中だけでも空いていて欲しい。

だが到着した電車は、すでにかなり混んでいる。

せめてこの駅で降りる人が多ければ助かるのにと思う。

しかし、到着した列車からは、ちらほらと数人の人間が降り立つだけだ。

降りる人が降りきるのを待ちきれない感じに、我先に乗り込み始める。

タケルも人の波に任せて電車の中へと飲み込まれて行く。

飲み込まれながらも、自分の立ち位置の都合の良い場所を目指すように、

自分なりにうごめいてみる。

満員電車は誰でも乗りやすい場所が同じと言う訳ではない、

人により条件により乗り心地の良し悪しが変わってくる。

背の高い人ならば周りを人に囲まれる事よりも、

つり革が掴みやすい場所が良いかもしれない。

背の低い人はつり革はつかまり難いから、

とにかく人に囲まれる事の無い端の方に寄りたいかもしれない。

降りるときに一緒に降りる人が少ない場合は、

降り易いドア付近を離れたくないかもしれないし、

下りるときに何ら問題ない人は、中程のゆっくり乗っていられる場所を好む場合もあるだろう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード