fc2ブログ

なぜ、核武装を議論?

中川昭一前財務相は19日、北朝鮮が核開発再開を宣言したことに関連し

「純軍事的に言えば核に対抗できるのは核だというのは世界の常識だ」と述べ、

日本として核武装を議論すべきだとの考えを表明した。


核を持たない国だから、核兵器廃絶と言っても信憑性があるし、意味を持つと思う。

核兵器を持とうという議論をしながら、他国に核兵器廃絶と言っても、

相手は聞く耳を持たないだろう。

今現在聞く耳を持つ国が無いとしても、聞かない理由まで与えてどうすると思う。

核兵器廃絶に反する行為は、核兵器の犠牲となった国民とその遺族に対する

裏切り行為ではないだろうか。

もちろん、日本には言論の自由があるから、自分の考えを述べる事をやめさせる

権利は誰にもないかもしれないが、

憲法第12条で、「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の

努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならない

のであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。」とされており、

義務と責任を持った上での自由だから、影響力の大きい国会議員が発言する場合は、

その影響を十分に配慮した上で行なう義務があり、その発言が公共の福祉に反する

場合は責任を取るべきだろうと思う。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード