fc2ブログ

「満員電車の攻防」-5

次の駅に到着した。

タケルは降りる人に気を使い、一旦つり革を手放す。

降りる人は数人だけで直ぐに大勢乗り込んでくる。

乗り込んでくる人の波に上手く乗り、

自分が居心地の良い位置へ何とか動いていこうとするが、

思い通りにはならない。

再びつり革の取り合い、立ち居地の確保争いに巻き込まれる。

しかし、今回は乗り込んできたばかりの時と違い、

車内の様子をしっかり把握済みだ。

無理に自分の目的地を目指さずに、

適当な所で妥協し、つり革をつかむ事を優先した。

作戦は功を奏し、つり革をつかむ事に成功する。

これで次の駅までは大丈夫。

しかも、車内の少し奥に入り込んだから、

次の駅でつり革を手放さなければならない確率は低下した。

ところが、目の前に若い女性が立っていた。

タケルより少し背の低い女性はタケルに対して横向きに乗っていればまだマシだった。

後ろ向きだと痴漢に間違われる確率がアップするから好ましくは無い。

しかし、前向きでは自分の顔のやり場に困ってしまう。

自分の鼻息が女性の顔にかかったりすれば失礼だし、

何の係わり合いも無い女性でも、若い女性に嫌われるのはとても嫌なタケルは、

何とかこの場を凌ぐ為、自分が横向きになれないものかと周りを目だけで見回す。

右回りになら少し身体が動かせると判断し、

女性にわざと顔を背けているわけではなく、

ちょっとあっちの方を向きたいだけですよという雰囲気を出す努力をしながら、

体の向きを少し変えるという大仕事を開始する。

電車の揺れにタイミングを合わせ、

あくまでも向こうの景色に興味があるからだと意識して、

若い女性を意識して動いているのでは無いと自分にも言い聞かせて。

少し大きなゆれが来た時にタイミングよく体をひねる事に成功し、

若い女性の顔から自分の顔を引き離す事が出来た。

そして、思いっきり息を吐き出す。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード