fc2ブログ

「ゲームのマ王Ⅱ」-2

中学を卒業して以来、外に出て行く理由がなくなってしまって、

いよいよ一歩も出ることなく過ごす事が多くなった。

一応両親が出掛けている間に、家の中はうろつくし、

必要なものを自分の部屋に持ち込んだり、シャワーを浴びたりしている。

トイレだけは我慢するわけにいかないから、

出来るだけ気付かれないように部屋を出て用を足すか、

出来るだけ真夜中に済ませるようにしている。

親父の顔は暫く見ていない。

母親の顔はたまに見かける。

一年以上部屋に閉じこもり、最初のうちは色々と哲学的なことを考えていた。

何で親父や母親は平気で生き続けられるのだろうとか、

なぜみんな学校なんかに通えるんだろうとか考えた。

たぶんみんな馬鹿だから、あまり人生について悩まないんだろうと思った。

少し考えれば分かるだろう、人生の無意味さが。

なのに彼らは、何の疑問も持たないかのように、

毎日楽しそうに生きている。

たまに頭の良い人間が現われて、

人生に悩み行き詰まり、引きこもるのだろう。

小さい頃は、素直に神の存在とかも信じていた。

いやな事があれば神頼みで何とかなると思っていた。

神って何だと考え始めた。

神について書かれた本の中身が、ほとんど作り話だと知った。

それでも何となく幽霊とかはまだ怖い。

引きこもり始めてから、昼と夜が逆転に近い生活を送っていて、

昼間は出来るだけ寝ていて、

夕方起き出して夜中はパソコンでずっとゲームをしている。

本当は入会料とか会費とかの必要なオンラインゲームをやりたいけれど、

プロバイダーの基本料や通信の基本料以外にお金を使うと、

いよいよ母親を怒らせてしまいそうで、

今は少し遠慮している。

だからゲームと言っても無料のゲームを探して遊んでいる。

 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード