fc2ブログ

「ゲームのマ王Ⅱ」-10

「無理には行かなくてもいいさ、

でも大検に合格するにもまず勉強しなくちゃね。

勉強するなら高校に行くのが手っ取り早いって事だよ」

「高校は、でも受験もあるし、

ここの高校は結構レベルが高いんじゃないかな。

それに、中学にさえ通えなかったのに、高校に通うのなんて無理だよ」

「週2・3回、土日とかに通うだけだけど無理かな、

それに中学と違って遊びに来るヤツはいないから、大丈夫だと思うけど、無理かな」

「一週間に2回か3回学校に行けばいいのかい、何だよそれ」

「通信制の高校さ、入学試験は面接だけだし、

余程じゃなければ合格するさ。それに授業料も安いしね」

「だけどもう3月末だよ、来年からになるんじゃないの」

「ふふ、大丈夫、4月7日まで受け付けてるし、

後期ならば9月9日までの受付だよ。

昔は卒業には4年以上必要だったけど、

今は3年で卒業出来るから二十歳になる前に卒業して大学受験だ」

まあ、これもゲームの世界の話だからと思い、

彼の話に乗っかる事にした。

「さあ、校内に入って入学願書や入学案内の書類をもらって来て」

と彼が軽く言う。

どうせゲームの世界だと思い、

どきどきしながら彼の言う場所に行き、彼の言う書類をもらって来た。

「さて、それじゃあ家に帰ろう、帰って書類を作成しなくちゃね」

言われるがままに家に帰り、デジカメで写真を撮ってプリントし、

願書や志願理由書など自分で書かなければならない書類を一通り記入し、

出来あがった書類と入学案内を封筒に入れ、

「これ、あと頼む」とだけ言って母親に手渡した。

たぶん、母親はその後きちんと手続きしてくれるものと信じた。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード