fc2ブログ

「何でも作れる」-1 

アルキメデスは

「私に支点を与えよ。されば地球を動かしてみせよう」

と言ったらしいが、私が発明した繊維が無ければ無理な話だ。

支点だけあっても力点と作用点を繋ぎ、

力を伝えられるテコそのものが無ければ、

地球を動かす事は出来ない。

もっとも、視点を変えれば地球は始めっから動いているのだから、

動かすだのと言うのがおかしな話かもしれない。

私が発明した繊維は、細い糸状の繊維で、

ある一定の電磁波に反応して硬化する性質を持っていて、

硬化する前は自由自在に曲げられるのに、

硬化してしまうとほぼ完全に、変形させる事が不可能になる。

その異常な硬さは、あらゆる老朽化要因をもはね退けて、

半永久的なのもだと考えている。

そんな繊維を発明して、普通ならば金儲けに走るところだろうけれど、

地位や名誉にしか興味の無い私は、

繊維の技術を公表し誰でも作れるようにした。

たぶん、そのすごさになかなか誰も気付かないだろうと思ていた。

ところが、直ぐに大勢の人が気付いて、

翌年には早くもノーベル賞を受賞する事になった。

物理学賞と化学賞を1人で同時受賞して、

多額の賞金と地位と名誉を手にする事が出来て、大いに満足した。

ある大企業が私の名誉に目をつけて、

研究所の所長の地位を与えてくれた。

そして、暫らくは楽しく研究を続ける事が出来たのだが、

私の発明した繊維を悪用しようとする者達が現れて、

のんびりとはしていられなくなってしまった。

世の中には自分では気付かずに悪人となっている者達がいる。

自分では正義だと思い込んでいる政治家達の活動に気付いたのは、

繊維の発明者である私に兵器の開発への参加を求めてくる者がいたからだ。

私は私の勤める研究所内に地下組織を設立し対抗策の研究を開始した。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード