fc2ブログ

ちょっと物語-6-①

「死刑になりたかった人」-①

T氏41歳は、半年前に勤務先が倒産し突然職を失ってから、職探しに自分なりに

頑張ったつもりだったが、自分が続けられそうな職は、相手方の会社から断られ、

とても続けられそうに無い職は、こちらから断り、とにかく仕事が見つからないまま、

いよいよ蓄えも底を付き、絶望感に囲まれていた。

職探しの為に職安に通い、結局今日も仕事が見つからず、周りを見ると、

派遣社員や元派遣社員は何だか世間が暖かく助けてくれるみたいなのに、

元正社員だったT氏41歳には、冷たい気がした。

年越し派遣村は派遣を解雇された人しか入れないみたいだったし、

職安でも派遣社員を優先しているように感じていた。

ただの思い過ごしかもしれないが。

不況が厳しさを増すと、勤めていた会社が倒産したという人間は、

縁起が悪くて雇いたくないと思っているのではないかとも考えたくなってくる。

ただの被害妄想なのだろうけれど。

実際には本当に仕事が無いだけだろうけれど、T氏41歳にはどちらでも同じで、

雇ってもらえないだけの話だが、本当に仕事が無いだけだとすると本当に

救いが無いから、何か特別な理由を見つけ出したいのだ。

世の中には、親のすねをかじるとか、親の遺産とかで食べている人もいれば、

宝くじを当てて、何不自由なく生活している人もいるだろう。

なのに、私のように遺産も籤運も仕事も金も、何も無い人間もいて。

実際、私の様に何も無い人間の方が少ないのだろう、みんな何かしら持っているのでは

ないだろうか。

財産として持っていなくても、運とか才能とか、金を稼げる何かは持ってそうな気がする。

たぶん、私のように何も持っていない人間は、ごく少数派なのだろう。

そうだ、私もまだもっているものがある、罪悪感だ。

人より多めに罪悪感を持っているから、まだ泥棒とかする気にはなれないでいる。

もう家賃も払えない、そのうち電気も止められるだろう、水道は最後になるか、

その前にマンションを追い出される。

41歳でホームレスになるのは辛い。

いっそ暖かい部屋にいられる間に、この暖かい部屋で自殺してしまおうか。

しかし、自分には死ぬ勇気なんて無い、自殺する勇気など無いから、

生き続けているというところがある。

死ねないならば生きる方法を考えなくてはならないが、仕事が無いし

ホームレスのような事も出来そうに無い。

やはり、最後に残った罪悪感ってやつを捨て去るしかないのだ。

だが、つかまって刑務所で長年暮らさなければならないのも凄く嫌だ。

捕まるなら死刑になった方がましだ。

T氏41歳は、かなりの潔癖症だから、ホームレスとか刑務所暮らしとか絶対に

したくなかったのだ。

死刑になるためには、人を殺すしかないだろう、日本国内ならば。

国外ならば、例えばアメリカならば、人質をとって立てこもれば、警官に狙撃されて

一発で死ねるのではなかろうか。

たしか、中国か何処かでは、麻薬売買でも死刑になると聞いた事がある。

しかし、中国の死刑は残酷な方法じゃないだろうか。

やはり、アメリカが確実だろう、そうなると、パスポートや旅費が問題だ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード