fc2ブログ

「ごめん」-7

「レイナさんちょっとこの書類」とケイコがレイナを呼び止める。

 書類に見入るレイナ。

「まさか、こんな間違いするはずがないでしょう、いくらミナトでも」

「山本さん何か分かりましたか」

「はい、書類の間違いが分かりました。これです」

 書類に目を通す課長。

「こんなミスを君がするとは信じられないな。

とにかく訂正した書類を直ぐに作成してくれ、私は報告書を作る」

「はい、分かりました」

 自分の席に戻り書類を作成するレイナの横に近付くケイコ。

「ちょっとレイナさん、これってミナトの責任でしょう。ちゃんと課長に説明した方が」

「いいえ、責任者は私だから、ミナトに責任をかぶせたり出来ないわ」

「そう、でもミナトは何でこんな失敗をしたのかしら」

 書類を見た私は誰かにはめられたのだと思った。

私の担当の仕事ではなかったからだ。

なのに私が作成した事になっている。

でもなぜレイナは私をかばうような事を言うのだろう。

 書類が出来上がると、慌しく事務所から出て行く課長とレイナ。

「山本さんにはがっかりしたよ、こんな失敗をするなんて」

「はい、申し訳ありません」

「とにかく、君がミスをしたのだから、石田工業にもその様に説明して、

担当を変更する事になると思うが、いいね」

「はい、そうですね。本当に申し訳ありません」

 どうやら失敗の責任は、全てレイナが負わされる事になるみたいだ。

だとすると課長や部長の責任て何だろう。

レイナはチームリーダーでは有っても社内では

責任者と呼ばれるような役職には就いていないのに。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード