fc2ブログ

「散歩の神様Ⅶ」-4

 実際問題、自分の子供でもないのに育てる気などないから、

ならば別れるしかない事は初めから分かっていた。

だが、そろそろ潮時だと思うけど、

何となく悔しくて素直に別れを切り出せないでいる。

 今日も里帰りをすると言い出した彼女を引き止める真似事をして、

さんざん予定を確認し、

予定より帰宅が遅れれば迎えに行くとまで言ってしまった。

馬鹿げていると分かっていても、

いざ別れるとなると何となく寂しさが湧いてくる。

別れるならその前に新しい彼女を作りたいものだ。

     ★

 娘が大人しく昼寝をしている間に散歩に出かける事にした。

私の母は、私が実家にいる時でも家事を一切手伝わせない人だ。

自分の家事の流儀をたとえ娘にでも乱されたくない人で、

買い物を手伝う程度の事しかやらせてくれない。

だから、家にいてもやる事が無くて、散歩に出かけるのだが、

どうせならばと思い、

「散歩してくるけど、何かついでに買ってくるものなあい」

と母に声をかけたが、母の返事は、

「何もないわよ、車に気をつけて行ってらっしゃい」と言うものだった。

 実家に居つかせない為の母の作戦ではないかと思ってしまう。

母は自分の仕事を持っており尚且つ父の面倒までこなすスーパー主婦だ。

そして、ちょくちょく帰ってくる娘と孫の面倒まで見てしまうのだから、

凄いとしか言いようが無い。

忙しいはずなのに、娘が家事を手伝うのを嫌う理由が分からない。

 きっと私がこの家に居場所を見つけて居ついてしまわない様に、

必死に頑張っているのだろう。

さて、私が居ついて何が困るのかがよく分からないけれど、

私の居場所をなくしているのだからそんなふうにしか思えない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

あはようございます。
スーパー主婦だけれど、
家に住み着かないようにしている・・・。

続きが気になりますね。。

フリーエリア
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード