fc2ブログ

「痛みのない世界」-1 

 人間の自我について、たぶん科学的には脳の信号の組み合わさりだとか、

脳の記憶と信号のやり取りだとかで説明がつくのかもしれない。

でもそれは今現在の科学の粋を集めても、

ひとつの仮説であって断定は出来ないのだろう。

 今も尚、全身麻酔が何故効くのか、

はっきりとした説は確立していないらしいから、

麻酔で眠っている間の自我がどのような状態になっているのかは、

誰にも分からない事だろう。

でも、理論が確立されていないからと言って麻酔が効かないわけではない。

 同様に、理屈は分からなくても、

自我を体から取り出す装置はここに存在する。

一応の仮説はある。

仮説と言っても論理的に導き出したと言うより、

起きている事実に無理やり理屈を当てはめたと言った方がよい。

 脳内の電磁信号の動きを機械の中にコピーした上で、

脳内の信号を無理やり停止する。

コピーした信号を増幅し外部空間に放射すると言う説だ。

 やはり説明になってないと言われそうな説だ。

機械の中にコピーと言う事ひとつとってみても、

具体的に何をしているのかの説明が出来ていない。

仕方が無いのだ、説明したくても、

具体的に何が起こっているのかが分かっていないから無理なのだ。

 元々何かの理論なりがあって研究開発したものではなかった。

介護ロボットの研究をしていたある企業の研究チームが、

介護を受ける者が自ら命じて機械を操作する仕組みを研究していて、

偶然出来上がった機械だった。

 理屈や理論が分からなくても、

実際に起こる現象を分析して、

機械を改良し使用可能なものに仕上げ、

量産できる様に設計する事は可能だ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード