fc2ブログ

「金持ちになった男」-6

「はあ、特にこれがと言う具体的なことがあるわけではなくて、

その、やはりサラリーマンで一生を終わるのは

自分の人生としてどうだろうかと思いまして、

何か自分なりに挑戦すべきだろうと思っていまして、

ですからまず、小さくても一国一城の主になりたいなと思っていまして、

年齢的にも今が最後のチャンスかなと思いまして」

「何の経験も無い世界に飛び込んで成功できるほど、

世の中甘くないですよ。

以前にもそんな様な事を言って退職した人を知っていますが、

直ぐに失敗して店は無くなり、

その後は日雇いで食いつないでいましたよ。

今はどこでどうしているかも分かりませんが。

とにかく、馬鹿な考えは捨てて、

今の職場で如何に自分を成長させていくかを考えましょう。

独立して苦労するよりずっと自分の為になりますよ」

「はあ、ですが」

「まあ、もう一度じっくり考えなさい。

今すぐに辞める必要も無いでしょう」

「はい、まあそうですね」

 何となくうやむやにされたような気がするが、

私としてもこれ以上どう話せばよいのか考え付かなかったから仕方ない。

一応は人事部長に私が会社を辞めたがっているということが

伝わっただけでも良しとする事にした。

直ぐには何も変わらないだろうが、

私が今の状況に不満を持っていると思ってもらえれば、

何か変化が起こるかもしれない。

暫くはそんな期待を持って過ごす事にした。

 夏が終わり暑さも和らいで過ごしやすくなった9月の末。

人事異動の発表が有った。

例年4月1日付けの異動が主で、

10月1日付けの異動は修正的な小異動が常だったから、

まさか直属の上司の部長が異動になる事など予想もしていなかった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード